M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ランカスター1泊旅行①<観光編>TOP観光&遊び場 ≫ ランカスター1泊旅行①<観光編>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ランカスター1泊旅行①<観光編>

遅ればせながら、皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

子供たちの学校は3日からスタートし、おじいちゃんも5日に無事日本に帰って、我が家はまたいつも通りの生活に戻りました。今年もお節を作らなかったし、寝正月できるほど休みもなく、唯一日本から届く年賀状でお正月気分を味わっています。

ところで、我が家の新年はランカスター(ペンシルバニア州)で迎えました。
ギリギリまで年末年始はどうしようか…と考え、おじいちゃんも疲れない近場で一泊しようと、ランカスターを選びました。ここならいろいろ観光もできるので…。

大晦日の9時過ぎにランカスターに向けて出発。目的地まで約2時間。
先ず向かった先は、トーマス機関車がやって来るところでも有名な、Strasburg Rail Roadへ。
お昼の蒸気機関車に乗って、ランチを楽しもうって事で、食堂車を予約しておきました。
(おっと、その前に時間が余っていたので、通りすがりのアンティークショップに立ち寄り、息子のおもちゃをゲットしましたが…。)

鉄道駅周辺はアーミッシュの人々が住んでいる家が多く、静かな道を通り抜けながら駅へ向かいます。

l1.jpg
(よく見ると長いロープに洗濯物が干されていて、アーミッシュの家だとわかります)

駅につくと結構観光客が多いのにびっくり。冬の何もない時期だから閑散としてると思ってたんですが、観光できる場所も限られているのもあるのでしょうけど、意外な賑わいでした。
早速電車に乗り込んで、席に着きました。まだクリスマスの装飾をされた車内。食堂エリアは満席でした。

l2.jpg

ランチメニューは豪華ランチ!!ではなく、サンド系のものでしたが、私が頼んだThe Lee E. Brennerというビーフ・プライムリブのスライスのサンドはとっても美味しかったです。

l4.jpg

走行時間はたったの45分。結構揺れるので落ち着いてゆっくりといった感じではありませんが、いつもとまた違うお食事は楽しいものです。

l3.jpg

景色は何もない畑(夏ならコーン畑)の中をレトロな電車に乗って揺られるだけですが、都会ではこういう体験はできないので、いい思い出になりました。

さて、お次は駅向かいにあるRailroad Museumへ。
1度来訪れた事があるんだけど、パパがチケットを蒸気機関車と博物館のセットで買ってしまった為、再び…。(^-^;) 
l5.jpg l6.jpg

電車好きなら何度でも足を運びたいところでしょう。
我が家はさらっと見て終了~。

ホテルのチェックインまで少し時間があったので、近くのRockvale Outlets Lancasterに立ち寄りました。
ここは他にはあまりないPottery Barn や Janie & Jack が入っているOutletなので、一度行ってみたかったところ。普段お高いだけに、アウトレットで買えるのはすごく嬉しいです。
ただ、モール内が複雑で、お店の行き来が車になったりするので不便さを感じましたけど…。

ランカスター周辺はアーミッシュ村や遊園地、シアター、鍾乳洞、気球、バギーライドなどいろいろ観光スポットがありますが、今回はゆっくり過ごしたいのもあって、お買い物を楽しんだあとは、いよいよホテルへ移動。(実はこのアウトレットの向かいだった)
このホテルが結構子供にはウケて良かったんですが、詳細はまた別に書くことにして…

2012.1.1 

ホテルで年を越し、元旦は特別何も予定を考えていなかったのですが、道路も空いていたのでフィラデルフィアへ行くことにしました。ランカスターからフィラまでは約1時間半。実はフィラデルフィアは動物園くらいで中心部はまだ歩いた事がなかったんですよね…。友達から美術館を勧められていたので、芸術鑑賞をしに向かいました。

と、その前に、フィラデルフィアの観光で一度は見ておかないといけない“Liberty Bell”を先に見て回りました。 元旦(アメリカは関係ないけど)もオープンしてるのか?と心配だったけど、観光地、さすが通常通り拝観できました。

アメリカの自由のシンボルの一つ“自由の鐘” (詳細はこちら

ka3.jpg

私より娘の方が学校でいろいろ学んでいるので、真剣に見ながらすごい感動していました。
一体どんな鐘の音をしていたんでしょうね…。

そして目的のフィラデルフィア美術館へ。
この日はダウンタウンで何かパレードがあったようで、人出も車も多く、美術館へも多くの人が訪れていました。この美術館の大きさと言ったら、目の前に立ち圧倒されました。

ka5.jpg

この日は“pay what you wish all day”といって、毎月第1日曜日はチケット代は好きな金額を払えばいいとの事。知らないで行ったのでちょっとラッキーでした。
館内は本当に広くて、進んでも進んでも展示品が続き、迷路のようにぐるぐると歩いているような感じです。American Art,European Art,Modern Art,Asian Artなどのセクションがあり、彫刻や甲冑、日本の茶室なんかもあったり、子供たちもわりと飽きずに見て回れました。美術に関してはまったく無知な私ですが、ゴッホの「ひまわり」からモネ、セザンヌ、ドガ、ピカソ…など有名どころの絵もあって、すごく興味深く鑑賞してきました。筆のタッチとか色使いとかまじまじとみたりして。でもこういうのって作品の背景や歴史なんかが分かるともっと楽しいだろうなと思うと、いろいろ知りたくなってきますね。家に帰ってから気になる絵を調べたりして、へぇ~なんて驚きがあったり、改めて興味がわいてきました。

今回、全部は見れませんでしたが、それでも私にとっては見ごたえがあってとても楽しめました。流石、全米でも有数の規模を誇る美術館。また足を運びたくなりました。

ところで、このフィラデルフィア美術館というと、もう一つ有名なのが映画・ロッキー。
有名な階段を駆け上がるシーンはここで撮影されたんだそうです。

k4.jpg ka2.jpg

ここへ来ると誰もが主人公の真似をして駆け上がってポーズしちゃうって聞いてたけど、本当になりきって階段を駆けて最後にポーズしてる人いました。(笑) うちのパパも子供たちと強引にやってたし…。
階段脇にはロッキーの銅像も作られて、観光客、皆同じポーズで写真撮影。
美術館のもう一つのスポットですね。

まだまだフィラデルフィアには見どころがたくさんあるので、また折を見て訪れたいと思います。

Strasburg Rail Road
301 Gap Road
Ronks, PA 17572-9566
General Information Phone Number:717-687-7522

Rockvale Outlets Lancaster
35 South Willowdale Dr
Lancaster, PA 17602
717-293-9595

Liberty Bell Center
600 Chestnut Street Philadelphia, PA 19106
(215) 965-2305

The Philadelphia Museum of Art
26th Street and Benjamin Franklin Parkway
Philadelphia, Pennsylvania 19130
215-763-8100

<Lancaster PA >
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。