M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ Pumpkin PieTOPお菓子&パン作り ≫ Pumpkin Pie

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Pumpkin Pie

          サンクスギビングデーを控え、スーパーではターキーがごろごろ。
朝から買い出しのお客さんで何となく殺気立った雰囲気も感じらるような、皆大忙しといった感じです。

            ターキー1

       どこのスーパーも店内がパンプキンパイのスパイスの香りが漂っているんですよね。
               ついつい食べたくなって作ってしまいました。

                パンプキンパイ1

去年初めて作ってとても美味しくできたので、今日も楽勝~と思いきや、いきなりミルクの分量を倍も多く入れ間違えてしまい、仕方なくカボチャの量を増やして調節したんです。なので1個の予定が2個作ることになってしまいました。もーいつもどうして失敗ばかりなんだろう…と自分が嫌になりますっ。
パイ皿とカボチャペーストの予備があったから助かったけど)

Mix_20101124110854.jpgカボチャはお手軽な缶詰を使用。純粋にカボチャのペーストのものと、スパイスと砂糖が入ったMIXペーストがあります。今日はスパイスなしのペーストを使おうと思ったら、なんとシナモンが切れていてMIXを使用。でも結果的に分量間違いで普通のペーストも使ったので、二つ合わせて追加のスパイスは入れずに砂糖だけ追加して作ったら、これがちょうどいいスパイス加減。スパイスが得意じゃない人はただのカボチャペーストに自分でスパイスを調節して入れた方がよさそうです。(次回からMIXは買いません)
パイ2今日のパイはカボチャの分量が多いので、かぼちゃもしっかり味わうような仕上がりでした。スパイスが入っていると子供とか苦手だったりするんですが、シナモンクッキーやシナモンドーナツなどに食べ慣れてしまったからでしょうか、うちの子たちは全然気にならないみたいで、おかわりするほど気に入って食べてくれました。
去年作ったパイはプリンのような滑らかで、私はプリンタイプの方が好きかな。

作る予定だったレシピメモ 1皿分
カボチャピューレーMIX 450g(砂糖・スパイス入り)
卵            2個
エバミルク      200ml
もしくはエバミルクの代わりに下記で代用
(生クリーム      100ml)
(牛乳          100ml)
パイ皿(パイシートでも)

修正して作ったレシピメモ 2皿分
カボチャピューレーMIX 450g(砂糖・スパイス入り)
カボチャピューレー  450g(砂糖・スパイスなし)
卵            4個
生クリーム      220ml
牛乳          220ml
黒砂糖        50g
三温糖        50g
パイ皿( パイシートでも)
(※14カップのフードプロセッサーで溢れそうな量なので1個分ずつ作った方がよい)

①フードプロセッサーにカボチャピューレー、卵、砂糖、牛乳を入れ混ぜ、さらに生クリームを加えて滑らかになるまで混ぜる。
②パイ皿に流し、予熱した210℃のオーブンで15分、さらに温度を170℃で30~40分焼いて火が通ったら出来上がり。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。