M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ ゆっくり発酵スコーンTOPお菓子&パン作り ≫ ゆっくり発酵スコーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ゆっくり発酵スコーン

スコーンのレシピっていろいろあって、材料も作り方も味も様々。
私はどちらかというとサク・ホロッとしたスコーンが好きで、いつも薄力粉にBPが入った軽めのものを作ることが多いのですが、たまには違うスコーンも食べてみたくて、イースト入りを作ってみました。
(参考本「ゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティ」)

薄力粉・強力粉・全粒粉の3種類の粉を使ったスコーン。
フィリングはとりあえず家にあったドライクランベリー(手前)とドライクランベリー+アールグレイ(奥)で作りました。

スコーン

いつもの軽いスコーンとは全く違い、外はサクっと中はしっとりとした新しい食感。砂糖が控えめで、ずっしりとした食べ応えなので食事にも合いそうです。バターの配合が多かったので次回はちょっと減らして作ってみたいところ。

生地はこうしてラップして冷蔵庫で5日間までおけます。

スコーン2

イースト入りなのでゆっくり発酵させながら、日にちがたつごとに食感も旨みも変わるとか。 食べたい時にさくっと焼いて食べられ、急なお客様にも熱々をお出しでき、作っておけば何かと重宝しそうです。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。