M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ シフォンの手はずしTOPお菓子&パン作り ≫ シフォンの手はずし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

シフォンの手はずし

私がアメリカに来て買ったシフォン型には、逆さにして冷ます時に便利なツメが付いていて、ボトルにささなくてもいいようになっているんだけど、そのツメ以上に膨らんだ時はどうしたらいいのか…。
この間何かないかととっさに大事な“おかき”を土台にしてしまった…。

シフォン手はずし

このシフォン型は中央の筒の穴が小さいので瓶に差せないんですよね。
予想外の膨らみの時に、土台を何か用意しておかないといけません。(おかきはちゃんと食べました)

ところで、今月たくさんのシフォンを作ったお陰で、ひとつ技を習得しました。
シフォンの“手はずし”です。
前から気になっていて一度やってみたかったんですが、失敗が怖くてトライできなかったんです。
でもすごい台数のシフォンを焼いたので(どうせ試作品だし)、1つや2つ失敗してもいいかと思いやってみたら、これがあっさりと1回できれいにはずす事ができたんです。
その奇麗な姿といったら、感動ものでした。

シフォン2
手はずし1
手はずし2

型周りのスポンジを手前に持ってくる感じで型からはがして一周すると、逆さにして型から難なくはずれます。底の部分もスポンジと型を丁寧に引き離し、中央の筒はスポンジを軽く押してはずしました。(この辺は適当ですがネットで検索するといろいろやり方が見つかると思います。)

型はこんな感じに残った生地が張り付いてます。

シフォン手はずし1

パレットナイフだとうっかり生地を傷めつけかねませんから、この方法だと見栄えもよくていいですよね。
ドキドキだった手はずしも、今はホイホイ楽しんでやれるようになりました。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。