M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ Thanksgiving DinnerTOP料理&食材 ≫ Thanksgiving Dinner

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Thanksgiving Dinner

今日はThanksgiving Dinnerの招待を受け、お友達の家に行って来ました。
一度アメリカの伝統的な料理を食べてみたいと思っていたので、今日は本当に楽しみでなりませんでした。(ちなみに国際結婚しているお友達)

夕方、友達の家に行くと入った瞬間すごくいい匂いが漂ってきて、ちょうどターキーが焼きあがるところでした。その匂いだけでお腹がグーグーと食欲がそそられるほど…。匂いを肴に早速ビールを戴き、ディナーの始まりです。
ご主人がなんとレストランのようにメニューまで作成するという力の入れよう、期待も高まります。

Appetizers&Salad
Milky Cheese Brie and Fruit-Pears,Pineapple with Liver Pate and French Bread
SpringMix Salad with Fresh Beets,Roasted Walnuts with White Balsamic

 t4.jpg
このビーツのサラダ、ビーツに下味がきいて味がとってもよかったです。ナッツとの相性も抜群!
ビーツはいつも外で食べるばかりで自分で使わない食材だけど、ちょっと試してみたくなりました。

Entree
Fresh Roasted Turkey with Special Herbs,Gravy and Stuffing
&Cranberry-Pineapple Sauce

t5.jpg

どか~んとターキー登場!15lb(約6キロ)あるそうです。
前日に塩水にスパイスなどを入れてターキーを半日ほどマリネするブライニングという作業をし、当日3時間ほどかけて焼き上げるというとても手のかかるものです。このブライニングすることにより、味がよく臭みもなく、パサつかずにジューシーに仕上がるとの事。聞いたらハーブやお醤油も加えたそうです。
中心温度が約160F(約71℃)になるまで焼き(ちゃんと温度計を差して測る)、肉汁が落ち着くまでしばらく置いてから切り分けます。

このターキーを肉汁と赤ワインなどをあわせて煮詰めたグレイビーソースやクランベリーを甘く煮詰めたソースでいただきます♪

t6.jpg t8.jpg

ターキーというとちょっと独特の味(わかる?)と引き締まったようなパつくような感じがあったのだけど、このターキーはとにかく柔らかでジューシー、そして鶏のような味わいで本当に美味しかったです。

t7.jpg s2.jpg

臭みがないのはブライニングと焼く時に詰めた玉ねぎ、フルーツ、ハーブの効果によるものでしょう。普通、お腹の詰め物にはスタッフィングというパンや玉ねぎ・マッシュルーム・セロリ・ハーブなどを詰めるのですが、最近ではサルモネラ菌の心配があるので(中まで上手に火が通らないなどで)、別に分けて焼くそうです。
このスタッフィングが想像以上に美味しくて、何度おかわりしたことか。絶品でした。

Side Dishes
Green Beans with Miso-Mayo w/French Fries Onions
Garlic&Cheese Mashed Patatoes

s1.jpg s4.jpg

Candie Yam with Roasted Marshmallows   Homestyle 5Cheese Mac n' Cheese

s5.jpg s6.jpg

メニューにはなかったこの料理は芽キャベツのロースト。
これもすごくおいしかったです。

s3.jpg

芽キャベツというとスープやシチュー料理しか思いつかなかったけど、こういう風にすればたくさん食べれるしヘルシー。普段のお料理に生かしたい一品でした。

そして最後は恥ずかしや…持参したPumpkin Pieです。(^_^;
実は前日に焼いたのが気に入らなくて(見た目が)もう一度今日焼きなおした物です。
パイは温めてアイスクリームを添えて食べるのだそうです。

s7.jpg

初めて食べたこの味、スパイスが入ってるのでちょっと独特ですが、かぼちゃのペーストを抑え気味にしたのでプリンのような滑らかな感じに仕上がっていました。甘さがかなり抑え気味になってしまったのが気になっていたけど、アイスと一緒だったのでそれも気にならずちょうどよい味加減。traditionalに近いか分からないけど、みな美味しいといってくれてホッとしました。

とまぁ、本当に美味しい物ばかり、お腹がはち切れそうなほどたくさんいただいちゃいましたが、実は今回こういう料理を作るのは初めてとの事。いつもはご主人のご両親の方でサンクスギビングを過ごしていて、作る機会がなかったというので今回、すごく張り切って腕を振るってくれたようです。もともとお料理上手な友達なのでおいしいのは間違いないと思ってはいたけれど、これほどアメリカ料理がおいしいとは感激でした。数々の料理を用意してくれ、ご主人もターキーの仕込から仕上げまで、ご夫婦の温かいおもてなしに感謝するばかりです。本当にありがとうございました。
我が家にとって忘れられない素敵Thanksgivingの夜でした。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。