M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2008年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2008年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年09月
ARCHIVE ≫ 2008年09月
      

≪ 前月 |  2008年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

みたらし

山盛りみたらし団子~♪
串刺しが面倒で、いやいやたまにはみんなでつつくのも楽しいかと・・・。

みたらし

う~ん、いつ食べてもおいし~。(o^^o)
スポンサーサイト

フランスパン バゲット

・・・と呼ぶには程遠い出来です。(⌒_⌒;
リュスティックを作るつもりで作業していたら、バゲットが急に作りたくなって予定変更。それはよかったんだけど、最強力粉にあたるであろう粉しかない!(フランスパンは準強力粉を使います)
どうしようか迷ったけど、発酵種も用意しちゃったしとそのまんま作ることにしました。
(5年前に作ったきりだから練習するにはちょうどいいさね。)

バゲット

バゲット風の成形は昔からとっても苦手。今回は思ったよりもマシだったけど、しっかりと折り込んだつもりでも割れてしまったり、不格好になったりして形よく作るのは難しいです。 クープなんて何度もやり直しちゃったりして問題外。おまけに生地はダレてくるしでまだまだ修行が必要です。シンプルなパンほど経験と技術が必要なんだと実感した日であります。
憧れのレモンに割れる日は訪れるのだろうか?

時々頑張るお弁当

以前、日本にいる友達が、私が子供に作るお弁当はすごいんだろうな~、今度写真見せて~などと言われ、すごい誤解だ!と思った。と同時に、いかに普段自分が作っているお弁当が手抜き、いやいや、いかにいい加減か・・・と反省もした。
毎日おにぎり、ブロッコリー、プチトマトの3セットに冷凍もののおかずや前夜の残り物と代わり映えしないラインナップ。それでも娘は文句も言わず毎日残さず食べて帰ってくるので、ずるずるとそんなお弁当が続いていたのだけど、友達に言われてそんなマンネリ化したお弁当にドキッとしたわけです。

それで、日曜学校の時だけでも娘の喜びそうなお弁当を作ってあげようと、ちょっと心を入れ替えました。(午後開始なので朝のお弁当作りがゆっくりできるのです)
大抵おにぎりに顔を施すパターンが多いのだけど、ネットで検索するとキャラ弁や可愛いおかずがいっぱいあって、真似できそうなものからトライしてみたり。結構やり出すと面白くて、お弁当というより作品って感じで楽しんじゃってる自分がいたりして。やってみると結構ハマるものです。(*'ー'*)♪

おむすびまん・こむすびまん

そして娘の反応も楽しみのひとつ。
最初は単純に「わ~っ♪かわいい~」って喜ぶ姿に私も嬉しく思っていたのですが、この頃は一応喜びながらも、後から冷静なコメントが寄せられる。
このおむすびマン・こむすびマン弁当も「鼻が大きすぎ!」と指摘を受けました。作ったら作ったで難しいものです。(^▽^;)
ま、こんな厳しい意見にめげずに母は頑張ります・・・。

本物だよね?

この間買ったマグの中に“MICKEY MOUSE TODAY MUG”と呼ばれるものがありました。
あまりミッキーマウスなどには興味がなかったのだけど、とっても安かったので買ったマグ。
このマグはどんなマグだろうと思って本で調べてみると、図柄が微妙に違うのです。
さらにネットなどで調べてみても、買ったマグと同じマグが全然ヒットせず。
本当の?マグは1980年の文字がミッキーの左にあり、顔が白。なのに私のマグは1979年で右側に書かれていて、しかも顔が赤い点々が細かく反転していてちょっと酔っ払った風のミッキーなのです。
ペイントのズレも見られ、なんだか怪しげなマグ。実はニセモノだったりして・・・などと疑ったりして。

ミッキーマグ

でもよくよく考えると、裏の刻印はちゃんとANCHOR HOCKING のアンカーマーク入りだし、思ったほど人気のありそうなものとは思えないこのマグをニセモノとして作ったりするだろうか?偽造するならわざわざ1979年とはしないだろうし、顔も酔っ払い顔にはしないよね?
実は1979年に作ったものの顔が不評で作りなおしたとか???・・・などといい方に解釈したくなるけど、ペプシのマークも入っていて、私的にはほぼ本物と思っているこのマグ、本にもネットにも情報がないというのがいまいち確信が持てないところです。

ミッキーマグ2

真相は分からずだけど、たった$3で買った不思議ちゃんマグ、本物だったらお買い得間違いなしだけど、ニセモノでも赤い顔のミッキーなんてなかなかお目にかかれないよね?

悲しいけれどFire Kingでニセ物も出回っているという話は前からあります。しかもそれなりにお値段がするというから、買った後で後悔しないようくれぐれもお買い物の際は注意したいものです。

秋ですよ~

秋の風物詩、オレンジのパンプキンがいたるところで見かけるようになりました。
近くのFarmでも花やカボチャを求める人で賑わっています。

Fa1

これは一体何でしょう???
おじぎしてるような、それとも反省してる? 面白い形してます。(o^^o)

fa2.jpg

アメリカではいろんな種類のかぼちゃが売ってます。料理法が分からず試したことがないけれど、形や色が様々で見るだけでも楽しい・・・。

fa3.jpg

鉢からあふれんばかりの花。とにかくボリュームがすごいです。おまけにスーパーで買うより断然お得。この時期の花は秋の光に溶け込んで、緑の芝生に映えてより美しく見えます。

ふぁ4

我が家も2鉢購入。玄関先に置いただけで十分秋モード。ハロウィンに向けて、部屋の中もそろそろ模様替えと行かなくてはね・・・。

ザリガニ釣り

今日は友達に誘われて“ザリガニ釣り”へ出掛けました。
ザリガニ釣りなんて娘の歳の頃に行ったっきり。果たして何匹連れることやら!?

ここがザリガニがいっぱいいるという川。

ザリガニ1

この頃、朝晩冷えこんできて水温も低くなってきてるからどうかな~などと友達が心配していたけれど、幸い今日は気温も上がり、川の水も思ったほど冷たくありませんでした。
ザリガニってどうやってつるんだっけ~?と全く覚えていなかったので、前日にしまじろうの教材のザリガニ特集を読んで予習。そして割り箸にタコ糸つけていりことイカの餌をつけて準備万端でザリガニ釣りに望みました。
ザリガニ2川に入ってしばしよ~く観察してみるも全然いない。でもさすが子供たちは見つけるのが早く、「いたいた!」と言って上手に釣っている。 負けじと私も目を凝らしてザリガニ探し。そして漸く発見したザリガニは思ったより小さいのにびっくり。と同時に、逃げ足が速いったらなんのって。私のイメージと全く違っていたザリガニ。(素手で簡単に捕まえられると思っていたんだけど・・・。(^▽^;) )
やっとのことで見つけた石の下に隠れているザリガニをターゲットにイカを垂らしてみると、結構いい感じに食いついてくれてこれは絶対釣れるぞ!と自信満々だったんだけど、いざ引っ張ってみると途中で餌を離されてしまい、こんな繰り返しが何度か続いて結局逃げられてしまう。親としては子供にいいところを見せたかったのだけど、、こんな調子で最後まで一匹も釣リあげる事が出来ませんでした。(とほほ・・・)
しかし娘は見事に1匹釣り上げ成功♪(なんとも頼もしい)後にも先にも我が家はこの1匹だけだったけど、とにかく1匹でも釣れてホッとしました。

もちろん他のお友達は何匹も釣ってバケツにはザリガニでいっぱい。最後はみんなザリガニを川に逃がして終了です。が、我が家はパパの強い要望で釣れたら家で飼う事にしていたので、娘の釣ったザリガニと友達のザリガニを1匹分けてもらい、2匹持ち帰りました。

ここのザリガニくん、体は茶色く、手足が青緑っぽい色。もっと赤いのかと思ってたけど結構地味なザリガニくんでした。

ザリガニ3

まさか!の出会い

今日は娘の日本語学校の合間にふら~っとAntiqueの屋外マーケット会場に行ってきました。
以前訪れた時は出店数も少なかった事もあり、なんの収穫もなく手ぶらで帰りました。今回も期待できないだろうな~などと思いながらひとりぶらぶら歩いていたら、見慣れた食器があるではないの!しかもそこそこの数・・・。胸がドキドキワクワクしてちょっと興奮状態。

屋外

バタープリント品物をよ~く見てみると、あら?
え~?うそ~~~!?
PINKの BUTTERPRINT ではないの!!!(≧∇≦)キャー♪
まさかこんな所でレアなアイテムに出会えるとは、なんてラッキーなの~と顔は平静を装いながら心の中はうっきうき♪ するとお店のおばちゃんが遠くから値段を叫んでいた。
その値段ならOKOK!と買う気満々でいたら、ブルーのキャセロールも一緒に3つセットでその値段だと言われ、またまたびっくり!そんなにキャセロールはいらないんだけど・・・と思ったけど、おまけのようなもんだと思って、セットで購入しました。

屋外マーケットに見る食器って、光に照らさせてキラキラと輝いて、見ているだけでとっても心がくすぐられるのは私だけでしょうか?(このお店の食器、全部買いたくなるほどでしたが・・・。)

ワンハンドル キャセロ

グラスセット クリアレフ

上段の写真と下の写真左が屋外マーケットで買ったもの。値段もちゃんとしたお店で買うより良心的でお得でした。そして下段の写真右のPYREXのレフ(クリア)とF・Kのフルーツボウルは場内にある屋内マーケットで買った物。安くなる?と聞いたら全部で$10も安くしてくれ、これまた良い買い物でした。ずっと遠ざかっていたここのAntique Marketも時々のぞいてみるのも悪くなさそうです。

そして☆今日のいちおし☆はやっぱりOLD PYREXの“ アーミッシュ”とも呼ばれるPinkのBUTTERPRINTです♪

アーミッシュ

娘セレクトの・・・

Point Pleasant Beachに来た際、必ず立ち寄るAntique Shop。Seafood festivalの後、いつものように行ってみたのですが、以前来た時とあまり代わり映えせず・・・。でも憧れのAnniversary Rose のカップが2客。2年しか製造されなかったシリーズで一度手にしてみたいと思っていたので、ソーサーなしというワケアリではあったけれど、格安だったし、いつかソーサーが見つかることを祈って購入しました。

フッテッド アニバーサリー
     Fire-King Footed mug white            Fire-King Anniversary Rose

しかし今回ショックだったのが、いつもミルクガラスでいっぱいのブースがいったら姿形もなく、すっかりなくなっていたのです。(x_x;) それはもうがっかりするやらため息やら・・・。残念でなりませんでした。
そんな私の落ち込んだ様子に娘がかけてくれた言葉・・・。
夢をあきらめないで!ちゃんと願っていれば夢は叶うんだから・・・
とお芝居のような口調で慰められたかと思うと、娘はせっせと私の好きそうな食器を探してくれ、健気に励ましてくれるのでした。
娘のセレクト↓OLD PYREXのUtility dishとAUTUMN HERVESTのBowl setです。

ターコイズ オータム1    

秋にぴったりのAUTUMN HERVESTシリーズ。
今日の一押しは娘が選んでくれたこのRound mixingbowlです♪

オータム2

BowlのMサイズは他のボウルより濃い目でちょっとしたアクセントになっていてなかなか素敵。
他に同系色だけのセットも売られていたようです。

Seafood festival

Seafood festival1今日はいい天気だったのでぶらぶらとドライブ。パパが久しぶりに海に行こう!と提案し、Point Pleasant Beachに向かいました。
すると町の中は車で大渋滞!
一体この混雑は何?もう海水浴シーズンでもないのに・・・なんて思っていたら、“Seafood festival”の看板が・・・。 あら偶然っ!とばかりに私たちも渋滞の列に並び、行くことにしました。(ちょうどお腹もいい具合に空いていたし)

車をやっとこ止めてメイン会場に行くと、人・人・人で歩くの大変。さぞやシーフード店がいっぱい並んでるんだろうな~なんて思ってたら、地元のオフィスやショップの宣伝、雑貨、アクセサリー、子供服、絵画、食品販売、キルト、家具・・・などなどいろんなお店が出店し、よくある町のお祭といった感じ。肝心のシーフードはなんだかあまり目立ってなかったりして。

Seafood festival Seafood festival4

Seafood festival5 Seafood festival9

とにかく空腹だったので出店はざっと見るだけにして、Foodコーナーに行くと、何故だかホットドッグとかハンバーガーに長蛇の列。シーフードコーナーは閑散としていて、今日は確かSeafood festivalだったよね?などと疑ってしまいたくなるほど。ま、こっちとしてはすぐに買えてよかったのだけど。
カニは手で殻をむかなくてはならずとっても食べにくかったけど、貝はとっても美味♪相変わらず砂が時々ジャリジャリするものもあったけどね。でもおいしかった~♪

Seafood festival8 Seafood festival6

Seafood festival7そして道行く人誰もが食べていた山盛りポテト。
とっても気になって試してみたらおいしいの!
ジャガイモをりんごの皮むき器みたいなものに取り付けてくるくる回すと、面白いようにジャガイモがつながったまま薄切りになっていって、それをそのまま素揚げしたもので、油っこいんだけど、くにゃくにゃっとした食感がなんともいえない。太るってわかってても食べたくなっちゃう。(危険、危険・・・。)

結局ちょっと歩いて食べてって感じだったけど、お祭りの雰囲気を味わえて楽しかった。旨いもんにもありつけたしね♪

ハマる美味しさ

リュスティックを作るようになってから、病み付きになり、結構な頻度で作るようになりました。
手順もスムーズになり、最近は前よりも時間が短縮。それでも5時間くらいかかるけれど、それだけ手間暇かけて作るパンはやっぱり美味しい。

リュスティック

リュスティック3今日も無性に食べたくなって夜7時というのに作り始め、睡魔と格闘しながら深夜0時に焼き上がり。試しに生地をフードプロセッサーで作ってみたのだけど、手ごねの時とさほど変わらない出来でびっくり。手ごねもいいんだけど、生地の扱いが大変だったのでフープロでできるとなるとかなり楽になります。それに一度にたくさん作るというメリットも。
このリュスティック、子供には食べにくいと思うのだけど、うちの子達は大好きで、喧嘩して奪い合うほどいつも即完売。
子供にもパンのおいしさって分かるのね。

お惣菜パン ~ツナマヨのカップパン~

マフィン型を使った簡単なお惣菜パン。
パンの形も均一に出来、そのまま発酵、焼成できるのでとっても便利。
中のフィリングを変えればいろんなパンが楽しめるので、この頃お惣菜パンというとこればっかり・・・。

ツナパン

お惣菜パンの中でも美味しくて簡単なツナマヨパン。玉ねぎのみじん切りを入れるだけでさらにおいしくなりますが・・・今日のパンはうっかり仕込みにバターを入れ忘れてしまいました。(^-^; この頃リュスティックばかり作っているので、バターを使う作業が頭からすっかり消えてました。
焼きたては美味しかったんだけど、冷めると子供たちの食いつきも悪くてちょっと残念でした・・・。

ツナ

Lancaster ~Antique Shopで買ったもの~

レフLancasterのAntique巡りは短い時間だったので、2件立ち寄るのがやっと。1件目は小こじんまりとしたShopに行ったものの欲しいものは無く空振り。もう1件は前回訪れたことのあるAntique Mallへ。LancasterでAntique Mapにも載っているこのMallは結構なブースが入っていて、前回手ぶらで帰ったのが不思議なくらい、掘り出し物的な感じにあちこちお目当てのものが目に付きました。
時間は45分くらいしかなかったので、ホント足早に店内を見て回ったのだけど、ここで心強い助っ人が登場~。娘です。(^-^;
買い物嫌いな娘がこの頃、Antique Shopには行きたい行きたいと言ってくれ、しかも子供の低~い目線で掘り出し物を見つけてきてくれるのです。
あ~っ!またレフ?と指摘されそうですが、上のターコイズのレフ3点セットは娘が見つけてくれました。思わずでかした!と頭をなでなで・・・。
こんな娘の活躍で短い時間ながら、そこそこの品揃えとなりました。(*^ ^* )

マグ ボウル

お陰でターコイズのレフは家にあるLサイズとあわせてフルセット揃いました♪
そして☆今回のいちおし☆はCountry Kitchen Mixing Bowl です。(写真右・鶏の絵のボウル)キッチンに飾ると不思議と様になります。

Lancaster日帰り ~トーマスへ会いに行く ~~

今日は家から2時間ほどのLancaster Countyにある“Strasburg Rail Road ”へ行ってきました。ここで今トーマスの機関車に乗れるイベントがやっているのです。
我が息子はさすが男の子、車や飛行機、そして電車にはものすごく興味を示すようになり、特にトーマスを見ると指差して喜ぶので、今がチャンスとばかりにトーマスに会いに来たわけです。

会場に到着するともくもくと黒煙をあげたトーマスがお出迎え。息子の目は輝いてもう釘付け状態。実物大のトーマス、結構迫力ありました。(いつもミニ機関車しかみてないからなおさら・・・)

トーマス4

会場は朝早いというのにトーマスのTシャツやリュックを背負った子供連れで大賑わい。
早速電車に乗り込むと、トーマスの音楽が流れて気分を盛り上げてくれます。列車内には昔のストーブがあり、温かみある木の内装で、そのクラシカルな列車は周りの風景にとても馴染んでいる気がしました。

トーマス2 トーマス3

そしていよいよ発車。ゆっくりと広々としたトウモロコシ畑を見渡しながら走ります。子供たちも身を乗り出して電車に揺られて上機嫌♪飛行機では扱いづらい息子も電車だと景色が楽しいみたいでず~っと外を眺めたまま・・・。(いつもこうだったらいいのに)

トーマス風景 トーマス風景2

そんなのんびりとした田舎の風景をいつまでも乗っていたいところでしたが、乗車時間は往復30分。あっという間に楽しい時間が終了しました。 きっと子供にはこれくらいの時間の方が飽きなくてちょうどいいのかも。子供たちはとても満足そうでした。
場内にはトーマスグッズの販売やお決まりの記念撮影などなど。写真はトーマスの真ん前で撮ってくれるのでまんまと策略にはまり購入してしまいました。ま、これも思い出という事で・・・。

今日のメインイベントはこれで終了。朝一番の乗車だったのでまだ時間はたっぷりあり、この後は周辺をちょっと散策に出掛けることにしました。

まずはトーマスのイベント会場前にあるRailroad Museum に立ち寄りました。トーマスの賑わいから一転、館内がひっそり閑散としていたのでいまいちなのかな~とちょっと後悔したのですが、奥に行くと本物の電車が大集合。レトロな電車が何十両も展示され、一部、車内に入って見学できたり、機関車の内部も見れたり、電車好きにはたまらないといったところ。息子も娘もトーマスを忘れるくらい1時間以上ここで電車の世界に浸っていました。

博物館1 博物館2

5歳以下は無料なのでとてもお得。電車大好きなお子さんにはおススメです。

さて、この辺で小腹が空いたのでお昼にしよう~と向かった先は、Stoltzfus Farm Restaurantというダッチカントリー料理をいただけるレストラン。アーミッシュの人たちが住むこのエリアでは素朴でシンプルなアーミッシュスタイルの食事を味わうことができます。このレストランも何種類ものお料理が運ばれ皆で取り分けるファミリースタイルでいただきます。(COUPON

食事

メニューは野菜のピクルス、いんげん、コーン、ミートローフ、ソーセージ、マッシュポテト、パスタ、フライドチキンなど。
デザート3無駄な味付けをしない質素なものだけど、他で食べるアメリカ料理より優しい味で、ソーセージなどは日本人の口に合う味でした。コーンがとても甘く、フライドチキンもなかなか。ミートローフはちょっと甘めで好みが分かれるかもしれないけれど、昔ながらのお料理をじっくり味わえます。 デザートは3種頼んでみたものの、ケーキにのっかっているクリームが甘くて全部食べられず。でもこのバニラアイスは結構濃厚な味で一番美味しかったかも♪ついでに器がミルクグラスで登場~。それだけでより美味しく、なんだか得した気分になりました。(たしかPYREXだったかな?ちょっと度忘れ)

予定ではこの後バギーを乗る予定だったのですが、時間がかかりそうだったのでThe Amish Farm & Houseへ。ここではアーミッシュの人々の家屋や生活様式など詳しくガイドしてもらえるのだけど、うちの息子、電車の時とは大違いでちょろちょろしたり叫んだり、周りの人に迷惑ばかり。お陰で解説などは一切聞けず(所詮英語なので私にはあまり関係なかったりもするが)、息子を制御するのにどっと疲れただけでした。(ー_ー;) でもアーミッシュに興味のある人にはガイドさんにいろいろ質問できるので、おススメです。(COUPON


このあとアーミッシュマーケットや他のアトラクションに行けなくもなかったけれど、やっぱりAntiqueを外す訳には行かないでしょう~という事で最後は小一時間ほどAntiquingしてきました。こちらは後で報告しようと思います。

本当なら前日からLancaster入りしているはずだったのだけれど、パパの仕事でキャンセル。日帰りとなってしまったのが残念だったけど、朝から時間をかけてそれぞれ楽しめたのでよかったです。2度目のランカスターでも、まだまだ行きたりず、再度ゆっくり時間をかけて訪れたい町でした。これから秋のランカスターもきっと素敵だろうな~。(1度目のLancaster

全部がお気に入り

先日の旅行の前日のこと。
旅支度もままならないというのにAntique Shopに出掛けてしまいました。
実は前に訪れた時に見たツルピカどんのピンクレフがあって、それがず~っと気になっていて、ちょっとのぞきに行ったのです。 するとまだレフはぴかぴかのままお店に飾ってありました。
レフちゃん、私を待っていたんだね~なんてちょっと顔がほころんじゃったりして。
フルセットじゃないけれど、とても状態がよく、新品同様っといった感じ。今回はしっかり購入しました。
そして、いつもはあまり代わり映えしない品揃えのお店なんだけど、いろいろ見て回るとちょこちょこ目新しいものが入っていて、なかなかいい物が揃いました。

こちらが今回買ったもの。↓

人気色のPINKとMOCHAのレフ。どちらもとてもいい状態でした。

PYREX レフ ピンク

PYREXのDELPHITE BLE(デルファイトブルー)のレフはカナダ製。下のFKアズライトC&Sよりもブルーが濃い目で柔らかな色合いが魅力です。サファイアブルーのキャセロール。これもフィルビー柄のエンボスが上品で高級感があって大好きなシリーズです。

アズライト

FK・RWのExtra Heavy C&SとSlim chocolate mugです。いつみても存在感があって引き付けられるジェダイ。チョコマグは持ち手に薄いヒビがあった為、安価。普段使いには全く問題なさそうなヒビだったので購入しました。他のマグに比べてほっそりとした女性的なシルエットがなんとも可愛いく思えます。

ジェダイ

とまぁこんな感じで、今回はどれをとってもお気に入りのものばかり。レフ以外、全く期待していなかったので嬉しさ倍増♪ とっても楽しいお買い物でした。
(いつもこんな出会いがあったらいいのにな~)

リュスティック 上級編

前回の基本のリュスティックに引き続き、上級編というのに挑戦しました。

作り方は基本の・・・と少々異なり、オートリーズ法で先に粉を水に浸透させておき、イースト、発酵種を入れて混ぜ、塩を加えて生地を伸ばします。水分が多いので、生地を叩くような状態ではなく、生地を台にこすりつけていくといった感じ。いつまでたっても手にくっく状態でしたが、生地をなんとかまとめて発酵。ガス抜きをしてさらに2次発酵、ガス抜き、3次発酵・・・。そしてベンチタイム、最終発酵ととにかくゆっくりゆっくり時間をかけます。
1次発酵でなかなか生地が上がらなかった為、思いの外、時間がかかってしまい焼きあがるまで約6時間!たった6個のパンに・・・。(^▽^;)
でも時間をかけた分、焼きあがったパンは子供みたいに可愛いく思えて、しばし眺めてしまうほどでした。

リュスティック3

気になるクラムは大小の気泡も出来ていて、初めてにしては上出来でした。

リュスティック1

本にはみずみずしいリュスティックになると書いてあり、一体どんな感じ?と食べてみると、むぎゅっ、もちっとした食感にしっとりみずみずしい舌触り。なるほど~納得です。後引く食感がたまりません♪
今回はスーパーで売っているBREAD FLOURで作ってみたけれど、この粉で十分作れることがわかりました。残念ながら、粉のおいしさという点ではいまいちかもしれませんが、それでも焼き立てやバターを添えていただくリュスティックは最高です。私も子供たちも大好きなパンになりました。
手間のかかるパンだけど、また作っちゃおう・・・そんな気持ちにさせられます。

あっという間の2年

今日は朝から意気込んで“スフレチーズケーキ”などに初挑戦したのですが、見事に表面が割れちゃって失敗です。(ー_ー;) 
本に書いてある通りに作ったはずなのに何故??? ちょっと落ち込み・・・。

スフレ11

スフレ2中はしゅわしゅわしてよかったけど、甘さかなり控え目でスフレってこんなんだっけ?ってなんだかよく分からないままですが、何で今日はこんなケーキを作ったかというと、そう、今日でアメリカ生活丸2年。ちょっとお祝い気分で焼いたわけです。

1年もあっという間だったけど、2年目も過ぎてみればあっという間。この2年、娘の成長は著しく、パパは仕事に戦い、息子もマイペースながらも一歩一歩成長しずつける中、何の努力も進歩もしていない自分がいることに気づいたりして。 このままではいけません・・・。(少々焦りが(⌒_⌒; )
1年後に同じような思いをしない為にも3年目はちょっと自分を追い込んで見ようかな・・・と思います。
あらら、お祝いのはずが反省の日になってしまいましたが、何はともあれ、2年間、無事に過ごせてよかったです。また1年頑張ろうっと!

イギリスパン(全粒粉入)

娘のサンドイッチ用に全粒粉配合のイギリスパンを作りました。
片手間に作っていたら発酵させすぎてしまいましたが、ふんわりと口当たりの柔らかいパンになり、まぁまぁ美味しくできました。

イギリスパン
   強力粉  270g
   全粒粉   30g
   イースト   4g
   砂糖    15g
   塩      4g
   バター   15g
   水  170~190g





先日の旅行中、コンビニやファーストフードでサンドイッチやバーガーを買う機会が結構あったのだけど、どうしてもパンがまずくて食べられませんでした。(子供たちも食べなかったほど。)
やっぱり手作りパンが一番安心して食べられます。

基本のリュスティック

久しぶりにパンを焼きました。なんと3ヶ月ぶり!
日本に帰ったり、夏休み中はなんだか毎日バタバタして時間に余裕がなくて、ようやく娘の学校も始まり自分の時間を確保。

今日はお気に入りの本から『基本のリュスティック』にチャレンジ。(フランスパンの一種です)
前日に仕込んでおいた発酵種を使い、手ごねでのパン作り。
うわ~手ごねなんて5.6年ぶり???でも久しぶりにやるとなんだか楽しいものです。
*********************************
そうそう、昔は手ごねでよく作ったっけ・・・。パン教室も真面目に通い、家でおさらいして。でも下の階から苦情が来て、思うようにパン作りが出来なかったな~。一度、パパのお腹にまな板置いてその上でパンを叩きつけたりもしたっけ。(^-^;
*********************************
なんて、いろんな思い出に浸っていたら、あっという間にコネ終わり。
リュスティックはコネ時間が少なくてちょっと楽でした。

このあとはオーバーナイト法でゆっくり発酵させるのですが、今回はその方法をとらずに室温にてじっくり発酵させて焼き上げました。

リュスティック

はじめてのリュスティックの味は、オリーブオイルをたらしているので、その風味と噛み応えのある少々塩気のある味わい深いパンとなりました。
こういうシンプルで素朴なパンが一番好きだな。そして今日は手ごねの感覚がとても懐かしかったです。

初登校

今日は娘のKindergarten初日。
いよいよ憧れの黄色いスクールバスに乗っての登校なので、本人も前日からウキウキ♪
今朝は5時に起床するほど、待ち遠しくてたまらない様子でした。

バス乗り場まで徒歩2,3分ほど。10分前にはいなければならないので、時間どおりに行くとなんと大勢の人でいっぱい。こんなにいるんだ~なんて圧倒されました。

そしてバス到着~。母もちょっと興奮状態で写真をパチリ。

バス

そして、いよいよ乗車・・・。
娘は日本人のお友達と仲良くて手をつないでバスに乗り込みました。しかし、人がいっぱいで座る席が無いよ~状態。前や後をうろうろする子供たち。初めてバスに乗る子も多いからどこに座っていいのかわからない。ドライバーのおじさんが何やら指示をして、かろうじてうちの子は座ったみたいだったけど、お友達をはじめ何人かは立ったままでドライバーのおじさんったらバスを発車させていっちゃった・・・。( ̄□ ̄|||)

バスの説明会では、シートベルトをすること、席は立たないことなどちゃんとルールを教えられたばかりなのに、子供が席に付けないまま発車しちゃうなんて、おじさんそれないんじゃないの~!
友達のママと「ありえない!」と唖然としてしまった。絶対あれは苦情がいくに違いない。

前から思ってたんだけど、スクールバスって結構なスピード出して走ってるんだよね。子供が乗ってるんだからもう少しゆっくり走ってくれたらいいのにって。
わが子の命を預けてるんだから、よろしく頼みますよ、ホントに。
明日は大丈夫だろうか・・・。

帰ってきました

無事、旅行から帰ってきました。
時差3時間、この赤い岩に囲まれた不思議な町の旅は短いながらもとても充実したものでした。
さて、何処でしょう?(別にもったいぶらなくてもいいんだけど・・・)

旅行

後日、旅のご報告をしますね~。
(おっと、去年のナイアガラ旅行もまだでした・・・。気長にお待ちください。(^▽^;) )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。