M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2008年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年08月
ARCHIVE ≫ 2008年08月
      

≪ 前月 |  2008年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ちょっと旅へ・・・

明日からちょっと家族旅行にでかけます。
どんな旅になるのやら。

・・・そんな旅の前に、いやいやまたもや食器を割ってしまいました。(ー_ー;)
相性の悪いバブルボウルを・・・。
ボウルを片付けようと思ってボウルを取った瞬間、娘の頭が私の手に当たっちゃったのね。
娘の頭の上から手を伸ばしてたから、急に娘が頭をあげるもんで回避する間もなくテーブルに落としガチャーン! バブルがはじけました・・・。

バブルボウル

これでバブルボウル割るの3回目
娘曰く、このお皿ぐらぐらしてるから割れちゃうんじゃないの~って。
確かにぐらつきはしないものの、ボコボコしてるからしっかり持てないってのはあるかも。
バブルボウル、取り扱い注意です。

気を取り直して、明日から癒しと不思議なエネルギーが漲る町の旅へ行って参ります!
スポンサーサイト

娘の英語の上達度②・・・2年目のまとめ

来月からいよいよ新学期。娘はキンダーへと上がります。
アメリカの学校に通い始めてから1年10ヶ月弱。
ここらでその後の英語の上達度について、去年の新学期から振り返ってみるとしよう・・・。
( 娘の英語の上達度①はこちら )

学校生活10ヶ月目・・・夏休み明け、娘はクラスでもお姉さん格になり、3.4歳児の面倒をみるように先生から言われるようになる。先生とのそんな会話のやりとりがいつの間にか出来ていることに驚いた。先生から頼りにされているということも本人にはいろんな意味で自信につながっていたと思う。

学校生活1年・・・もともと日本語の会話に英単語が混ざることがあったけれど、それがさらに多くなり、しかも聞き取り不能な言葉(単に発音がよすぎただけなのだが)に私が何度も聞き返すことが増える。
例えば、「今日○○くんのところにはたくさんエニモーがいるんだよ。」って一体エニモーって何よ?エニモーって・・・。と聞くとどうやら“アニマル”の事だったり、ハンガーは「ヘンガー」、ダイヤモンドは「ダイメント」、ガールは「グルー」って聞こえて、親が一回で理解できないことが増える。

学校生活1年~1年7ヶ月・・・その後は学校生活でほぼ困らない程度には身についたよう。学校連絡事項も、娘を通して聞くことが多いし、先生と私との間の会話では娘がプチ通訳となっていた。(母はどんなに助けられたか・・・)
また、日本語の“はらぺこあおむし”を学校で英語に訳して読んでいた時は私も驚いたが、先生は日本語の本をこの歳で読めるのか~とそっちに驚いていた。

絵日記2そんな中、新学期から通う学校(キンダー)からESLが必要かどうかテストをするといわれ、ペーパーテストと先生との面接を受けました。テストと聞いただけで私の方がドキドキしちゃったけれど、無事テストが終わり、先生からESLが受けなくてもよいとのことでした。ちょっとてホッとしました。
        (学校の絵日記⇒)

こんな感じで楽しかったプリスクール生活も終わるわけですが、一番辛かったこと。
やっぱり言葉です。
学校には日本の子供たちも結構いて、日本語が飛び交うことがよくあります。ある日、先生から、日本人同士で日本語ばかりしゃべってるから娘の周りのお友達は英語が延びない。また、うちの娘が来た当時は日本人が他に2人いたけど、娘に対してみんな殆ど英語だった・・・とも言われ、それを側で聞いていた娘は帰りの車で大泣きしてしまったのです。
確かに現地の子からも、うちの子は日本語ばっかりしゃべっている~とからかいついでに指摘されていたので、私も周りの子に対して良くないと思い、娘にはなるべく必要な事以外は日本語を話さないように言っていました。娘も娘なりにそのことは十分分かっていただけに、先生にそのことを指摘されていたたまれない気持ちになったようです。
時々新しくきた日本のお友達の世話役を頼まれたりするので、どこまで日本語で話したらよいのやら、境界線がわからずだんだん楽な日本語が日常的に多くなってしまったのだろうと思いますが、娘なりにお世話する気持ちでもいただろうし、ちょっと板ばさみ的な感じで親としても切ない気持ちになりました。先生の言ってることもとても分かるのですが、他の子と比べられてしまったというのが一番娘は傷ついたようです。

ま、そんなこともあったけれど、“英語に慣れよう!”から始まったプリスクール生活、娘にはよく頑張ったね♪と褒めてあげたいです。

その後夏の間、日本に1ヶ月ほど帰国したけれど、日本でも英語を独り言でぶつぶつ言ったり、アメリカに戻って3週間キャンプに入れたりしたので、英語力はそのままをキープしていたよう。このまま無事新学期を迎えられそうです。

そしてこれからの課題はというと、日本語力のアップです。
というのも英語で意味がわかっても日本語が分からないと説明できなくなるからです。この頃時々そういうことがあるので、娘と本を読んだり、ニュースを見たり、さらに会話を増やして親ももっと努力しなければいけないと思っています。

ぷちバーガー

昔、私がアメリカに来て初めて食べたハンバーガーです。
             絵文字名を入力してください

ミニバーガー2

まだスーパーの買い物が物珍しくて、アメリカの冷凍食品コーナーをあさっていたらこんなプチバーガーを見つけて、可愛さにひかれて買ったもの。24個入りで子供のおやつにぴったりなサイズ。レンジでチンして食べられます。

ミニバーガー1

ミニバーガーでもチンするとパンが固くなって、なかなかちょうどいい具合にならず毎回美味しく食べられなかったりもする。(軽くチンしてオーブンの方が上手くできそうな気も)
来た頃はなんとなくビーフくささが私は気になって“うまい!”ってほどでもなく、うちの子にも不人気。(だったら紹介するな!って感じですが)でもこのサイズが可愛くてこの間久しぶりにまた買ってしまいました。(^-^; 未だに温めに苦労するけど、おやつ、小腹が空いた時にはちょうどよいです。
美味しいかどうかはご自身の判断で、気になる方はぜひお試しを~。
(買う前に冷凍庫の場所を開けておきましょう・・・。)

特売!

アジアンスーパーに行ったら、カルビーポテトチップスが99¢で売っていて、思わずたくさん買っちゃいました。ダイエット中という事を忘れて・・・。(^-^;

ポテチ

いつも倍くらいの値段でなかなか気軽には買えないから、ちょっと嬉しいセールです♪

どんどん使いましょう

この間のハーシーパーク帰りに寄ったAntiquetショップで買った野菜柄のキャセロール。
それはパパのセレクトでこのシリーズを密かにたくさん会計に運んでいた代物。
(私好みではなかったが・・・)
これを買った時、パパが「こういうのでグラタンとかドリアが食べたいな~」とポツリ。
確かにこの頃キャセロールなんて奥に終いこんでしまって、なかなか食卓に上がらなかったっけ・・・。(夏だからってのもあるけど)

で、リクエストにお答えして作りましたよ。
ドリア、海の幸いっぱいにしてね。

ドリア

熱の王様、Fire Kingだもの、こんなオーブン料理も楽しまないとね。
ちょっと棚の奥、整理せねば・・・。

CAMP 最終日

コーチコーチに贈るもの・・・。いろいろ考えてクッキーにすることにしました。
いまいち趣旨がわからなくて、もしかしたらみんなで食べるものを持って来いということなのかもしれないから、簡単で量産できるクッキーが一番いいと考えました。
でも普通のクッキーじゃつまらないので、コーチの顔のクッキーとスポーツキャンプなのでバットとボールのクッキーにしてみました。(結構似てると思うのだけど・・・)
当日、みんなどんなもの持ってきてるんだろう~と様子を伺っていたら、チョコチップクッキーや紙ヒコーキを作ってきた子、それにな~んにも持ってこない子もいたりして、何でもありなんだ~なんて・・・真剣に悩んだのは私だけだったのかしら?
でも娘の話によると、コーチは「似てるな~」と言ってとても喜んでくれたそうで、翌日ももったいなくてまだ食べないで取っておいてるようだったので、娘と作ってよかったね~と喜びました。

キャンプ5最終日の今日も何か要求されるのかもと身構えていたのだけど、水鉄砲を持参するだけだったのでホッとしました。(^-^; でもうちにある水鉄砲は$1ショップで買った水鉄砲。それでも我が家では大きい方なのだけど、みんなすご~い大きな物を持参してきて、こういうの当たり前に持っているものなんだ~と圧倒されました。娘に小さいのでごめんね・・・と言うと、「水鉄砲はあんまり興味ないから~」なんて気にもしてなかったのでよかったけど、男の子はああいうの好きなんだな~。

このスポーツキャンプも今日で終わり。野球、サッカー、バトミントン、クリケット、ホッケー、フリスビー、他いろんなスポーツを体験できて娘はとても楽しかったようです。特にサッカーが一番楽しかったと・・・。
キャンプ3

最後に修了証明書をもらい解散。娘は初日からコーチになついていたのでちょっと淋しそうでしたが、一緒に写真を撮ってお別れ。来年もまた会えたらいいね・・・。

トータル3週間のキャンプ、娘も頑張って通いました。そして私も毎日のお弁当作りと送り迎えから解放されるかと思うと、ちょっと嬉しいのであります。ようやくホントの夏休み~といった感じです。来週はちょっと朝寝坊させてね、パパ・・・。(^▽^;)

こんなんでどうでしょう?

変装悩みに悩んで今日の格好はコレ!
我が家の衣裳部屋、娘のガラクタ箱をあさってみたけれど面白いアイテムが全然なくて。こんなんなら日本でちょんまげとか被り物でもかってくるんだった~とマジで思ったけど、友達が水泳キャップとゴーグルしてくなんてどう?とアイデアを出してくれ、水泳帽を採用。(ゴーグルは本人が嫌がった)
あとはいらないズボンをジグザグに左右アンバランスにカットし、色染めTシャツに弟のネクタイ、左右違う靴下という格好にしてみました。
う~ん、いまいちこれじゃ笑えないと不満ではあったけど、あんまり変な格好して他の子がしてこなかったら浮いちゃうし、コレくらいでいいのかと思い、恐る恐るキャンプへ向かいました。

するとみんなちゃんと変装してきてた!(よかったよかった)
小さい子より大きい子の方が髪をスプレーで染めたり、パジャマの上にショートパンツをはいたり、やってるやってる。みんなこういうの抵抗無いのね。
これで一日過ごすのだから面白いわ~。ほんと、笑っちゃう光景でした。

キャンプ2

そして悩んだ甲斐あって、娘はチームの中で一等賞!となりました。嬉しいようなそうでないような不思議な気分ですが、褒めてもらえたので本人は得意気でした。(*^ ^* )
しかし、これでホッとしたのもつかの間。迎えに行くと、今度はまた不思議なお題をちょうだいしまして、「コーチに感謝するものを持ってくるように・・・」ですと。
まぁ、娘が聞いてきたので正確に訳してるのかどうか微妙なところだけど、「カップケーキとかを持ってきて」といわれたようなので、何かを持っていかなければならないのは本当みたい。
でもね、自ら自分の為に何か持ってきてと催促するなんて、ちょっと変よね?
さて、何を持っていったらいいのでしょう・・・。

考え中・・・。

サマーキャンプ

アメリカに戻ってから1週間も経たずして娘はサマーキャンプに通い始めました。
最初の2週間はキンダーの年齢の子が集まるキャンプで9時から16時までと長く、わりとリーズナブルな費用だったので申し込んだのだけど、内容は幼稚園の延長のような感じで普通に学校に通っている感じ。
ある日娘が「先生はseventy なんだって!」というので、そんな年配の先生いたかな~、もしかしてseventeen の間違いじゃない?と言うと「そうだった、17歳だ!」と。
娘のクラスに2人の若~いぴちぴちギャル先生と男の子先生が1人。友達が大学生みたいだよって言ってたけど、あらま~高校生の坊ちゃまもいたとはびっくりでした。
子供たちは友達感覚でとてもなついてるようでしたが、私はギャル先生がとても早口で話しかけてくるから分からない英語が余計分からない!ちょっと先生との会話は苦手でした・・・。
その2週間のキャンプが終わると、翌週は5日間のスポーツキャンプへ。
パンフレットには15種目のスポーツをするらしく、文化部タイプの娘にはいろいろスポーツを体験できるいい機会。好きなスポーツが見つかるといいなと思って申し込んだのだけど、パパの勘違いでインドアだと思っていたら、思いっきりアウトドア。ちょっと過酷じゃない?
でももう申し込んじゃったし、娘も渋々ながら参加しました。

初日は晴天で心配していた気温はさほど高くなくて一安心。
この広いフィールドの中でのキャンプ。
これだけの広さを貸切で使えるなんて贅沢なんでしょう。

P1180149.jpg

みんな真剣にスポーツ。はてこれは何のスポーツかな?

キャンプ

初日、迎えに行くと遠くから走ってくる娘は服全体が泥だらけ!
すごい張り切ってやってきたんだね~なんて思って近づいたら、なんと鼻血のしみだった。
バウンドしたボールが当たったらしい・・・。あ~びっくりした。
ちょっと当たっただけだったので大した事はなかったみたいで、一安心。

その日の帰り、明日は黄色のTシャツを着てくるようにと言われたらしく、家に思い当たる洋服がなかったのでわざわざ買いに行くことに。他の色なら揃ってるのに黄色とはね・・・。
で、翌日その黄色いTシャツを着て参加した娘。
どうやらスポーツキャンプは面白いようで、ルンルンでコーチの所へ走っていきました。(やれやれ・・・)
キャンプにすぐ馴染んでくれて私もホッとしていたのだけど、帰りがけにコーチから「明日はCrazy Dayですから・・・」と言われ、なんじゃそれ~?一体何すんの???とちんぷんかんぷんで困った顔をしていたら、コーチが「穴のあいた帽子とか、違う靴下を片方ずつはいてくるとか・・・」などと説明してくれた。
とってもアメリカらしい企画物・・・と納得して帰ったはいいものの、いざ考えると難しいのだ。
変な格好なんて・・・お笑いセンスがないだけに、あ~困った困った・・・。llllll(- _ -;)llllll

つづく

懲りずにアンティーク

今日は日本語学校のない夏休み最後の日曜日でした。せっかくだから日曜日でしか行けないところに行きたいよね~とパパと話をしながら、あーでもないこーでもない、思い浮かぶのは土曜日でも行けそうなところばかり。まぁ適当にその辺でもドライブしようか?なんて思ったら、ふとパパがAdamstownの屋外Antiqueはどうだ?と提案してきた。
え?またAntique???この間買ったばかりだし、せっかくの日曜日、なんだか子供に申し訳ないな~と気が引けたのだけど、その屋外Antique Marketは日曜日のみ開催される規模も大きいものなので、今回逃したらもう来年まで待つしかない。しかもその前に万が一帰国!なんて事になったら後悔するだろうな~と思って、やっぱり行くことにしました。

というわけで、すみません、またAntiqueです・・・。

Antiqueマーケット1Antiqueショップが密集しているこの地域。前回は殆どお店を回ったので、今回は前回行けなかった屋外マーケットなど3ヶ所を見て回りました。
まず目的の日曜日限定のMarketに行くと、人が閑散・・・。ちょっと遅かったか。そうここは屋外が朝4時から、屋内が7時半からと始まりがとても早い。12時に行った時には屋外はわずかなブースしか残ってませんでした。一応16時までのはずなんだけど、こんなに早く店じまいするとは思いませんでした。

Antiqueマーケット3屋外はあきらめて、屋内マーケットをのぞいてみると、ここは殆どのお店がOPEN。建物も広くて、行っても行ってもまだ先があるといった感じ。一つ一つ見たらあっという間に日が暮れてしまいそうだったので、足早にチェックして回りましたが、かなりのブースがあるのにお目当ての物はほんの一角。しかもジェダイが揃っているお店はと~っても高値でがっかりしました。でもその近くのブースでRWのサラダプレートがあり、しかも良心的なお値段で3枚購入。ここのマーケットではこれだけでしたが、安かったので来た甲斐がありました。   

2件目のお店もとにかく広い屋内Antique Marketで、さすがにここはパパと手分けしないと見切れないほどでした。ここは1ブースでジェダイを扱っているのを見かけたくらいで、あとは全然収穫なし。屋外マーケットも併設されていたので、朝早く来ればもしかしたら何かいいものに出会えたかもしれませんが・・・。

最後は前に一度訪れたことのあるお店でお買い物。
たくさんのブースで同じ食器が結構あるので、それぞれ値段を吟味しながら回ります。なのでココだけで2時間くらいうろついていたような気が・・・。
でもその甲斐あって今回もいいものに出会えました♪

Antiqueマーケット4 Antiqueマーケット5

買った食器はダンボール2箱分。
こちらが今回購入した食器たちの一部です。

PA2.jpg

全部は紹介しきれないので、気に入ったものをちょっとだけ・・・。

PA7.jpg PA6.jpg
    カエルの絵が可愛くて息子用に        ミニトレイ これでスープを運びましょうか

PA8.jpg PA9.jpg
スイカの種みたいな模様が気に入って4枚購入  あ、これは2重バックスタンプ!珍しい?

そして今回の大収穫はこちら!!!
サファイヤブルーフィルビーマグ

PA3.jpg

今まで1度、しかも欠けてボロボロのマグしか見たことがなかったからいい状態で見つけた時はちょっと興奮状態でした・・・。お値段はアメリカの相場並みだったけど、欲しかったマグなので購入しました。

こんな感じで貴重な日曜日はAntiqueに費やしてしまったけれど、とても良いお買い物ができたのでよしとしよう。
うちのパパは屋外マーケットが終わっていたのが残念だったようで、帰り際、ボソッと「朝早くやってるなら日本語学校の前にいけなくもないな~」だって。そんな無茶な~~~っ!

夏の夕暮れ

30度を超える日も殆どなくなり、夕方ともなると我が家の庭は日陰になるので外でくつろぐには最高に気持ちがいいです。

今日はキンキンに凍らせたビアジョッキでビール三昧。つまみはもち枝豆で。

ビール

ちょうど庭では左隣はバーベキューコンロでなにやら料理し始め、右隣の家も庭でパーティー開催とあって、ラテン系の音楽ガンガン鳴りまくり。大賑わい!
私もつられてビールをぐいっぐいっ。空の下で飲むビールはやっぱりうますぎる!

少しずつ日が短くなってきたし、あと何回こうしてのんびり外で過ごせるかな~。短い夏を最後まで楽しまなくちゃね。

とんぼ玉

日本に一時帰国した時にお友達から頂いたとんぼ玉のストラップ。手作りなんです。
可愛らしい花模様が入った透き通ったとんぼ玉。
光にかざすととても美しいです。

とんぼ玉2

こんなステキな物を作れるなんてすごいな~といろいろと工程を聞いたのだけど、中の花模様から作ってそれをまたあーやってこうやってなんて・・・聞いただけではなかなか想像しにくくて、さぞ手間がかかり、時間もかかるものなのだろうなと思いました。
でもこんなにきれいなものが作れるのなら、ぜひ一度つくってみたいなとちょっと魅せられています。

ぽちこさん、お土産にもらったとんぼ玉は仲の良いお友達にプレゼントさせてもらいました。ありがとね!

ペンシルバニア 1泊旅行④ ~Antique~

HERSHEYの町からの帰り道、右も左も見渡す限りのトウモロコシ畑。
こんなアメリカののどかな風景に日本の田園風景を重ね合わせてみたりして、なんだか心が和むようなそんな気持ちになります。

ハーシーAntique1

ハーシーAntique2さて、鍾乳洞も巡りあとは自宅へ帰るだけなのですが、ここでちょっと寄り道。前日、遊園地に向かう途中でふと見つけたAntique Mallへ立ち寄りました。
またAntiqueかい!って怒られそうですが、ホント、通り道にあったもんで、まさか無視しして帰るわけにも行かないしね・・・。f(^ー^;
ちょっとのつもりで全然期待せずに入ったのだけど、これが結構広くて、しかも食器もそこそこ揃っていて価格もどちらかというと安いのが多かった。なのであれも~これも~と目移りして悩む悩む・・・。

予算と照らし合わせて厳選して買ったのがこちら。↓

ハーシーAntique4 ハーシーAntique15 ハーシーAntique10
ハーシーAntique13 ハーシーAntique9 ハーシーAntique12
ハーシーAntique6 ハーシーAntique5 ハーシーAntique3
ハーシーAntique7 ハーシーAntique16 ハーシーAntique8

HERSHEYが近いという事もあってHERSHEY’S関連のものがとても多く、私も思い出にサンデーグラスを2個買いました。いつも数が少ないマグだけど、今回はFire Kingのフッテッドマグ(左下)を見つけて久々に熱くなりました。パパが見つけて来たサファイヤブルーのボウルとリフ(中央上)もなかなか。大き目のボウルはパパ曰く、フルーチェ用にするんだとか。サラダにもフルーツポンチにも合いそうな、他のボウルよりも使い勝手が良さそうで気に入りました。
ついでに寄ったお店でこんないい買い物が出来てるなんて幸せ~♪会計のおばちゃんに「これまた売るの?」なんて言われちゃったけど、いえいえ大事に使わせてもらいますよ。
ペンシルバニア1泊旅行、ステキな締めくくりでした。 またこんな楽しい旅行ができたらいいな~。

ペンシルバニア 1泊旅行③ ~鍾乳洞~

鍾乳洞1HERSHEY’S CHOCOLATE WORLDの後、我が家が向かった先はそこからそう遠くない所にある鍾乳洞。たまたま見た情報誌に載っていたので行ってみることに。
実は昔から鍾乳洞とか聞くと行きたくてうずうずするタイプ。(しかもこの間、日本で“INDIANA JONES”を見てきたから余計に惹かれたりしている自分がいる・・・。) f(^ー^;

1グループ約20名でのツアー形式でガイドの話を聞きながら洞窟内を回りました。英語のガイドなんても~さっぱりわからない。鍾乳石の形がゾウに似てるだのセサミに出てるなんとかに見えるだの・・・その程度で、後はひたすら上を見上げては写真を撮り、ひんやりとした洞窟の中を探検気分で浸ってました。

鍾乳洞2 鍾乳洞3

ガイドによると、これはマンハッタンを逆さまにしたように見えるから“逆さマンハッタン”だとか。↓

鍾乳洞4

奥の地点では、透き通る水とつらら石の先のしずくが宝石の様にキラキラと輝いてとてもきれいです。ちょっと癒されました。

鍾乳洞5

規模が小さくて鍾乳石も今まで見た中でもとても小さいものだったけど、それでも40分くらいかかったかな。子連れだったからそれ以上だと大変だったかもしれません。息子より娘が怖がるんじゃないかと心配だったけれど、結構面白そうに眺めていて娘の鍾乳洞デビューにはちょうどよい規模でした。

この辺は昔インディアンが住んでいて、食料の貯蔵にも使われていたとか。
(詳しくはこちらを・・・。 →青  Indian Echo Caverns )
夏、ひんや~り涼みに行くのにこういう所もいいですね。 あ、羽織るもの忘れずに・・・。

ペンシルバニア 1泊旅行④ ~Antique~ へ続く・・・

ペンシルバニア 1泊旅行② ~HERSHEY’S CHOCOLATE WORLD~

前日に続き、2日目は遊園地隣にある“HERSHEY’S CHOCOLATE WORLD”へ出掛けました。

チョコ1

いくつかアトラクションがあって、ひとつはチョコレートの製造工程をたどる“Chocolate Tour Ride”という4人乗りくらいの乗り物のアトラクションがあります。(作り物の製造工程です) カカオからチョコレートが出来るまでの流れを見ていくのですが、途中、本当にチョコレートの甘い香りが漂ってきたりして、ちょっと食べたくなるような演出もありました。(無料)

チョコ3 チョコ4

それからチョコレートの箱詰め作業の体験。(有料)
作業帽子をもらってID写真を撮り、箱詰作業。機械からどばどば~っと出てきたキスチョコをコンテナに詰めて、スタッフの合図でシャカシャカシェイクしてぐるっと回って、機械に包装してもらって完成。

チョコ2 チョコ6
(値段のわりにあっという間に終わってしまったような・・・。)

そしてキャラクターが出てくる3Dシアター。(有料) これは本当に雪が降ってきたり、水がかかったりして意表をつかれました。2歳児の息子は眼鏡もかけずボーっとしてたけど、5歳児の娘はかなりのめりこんで見ていた感じでした。

我が家が見たのはコレくらいで、他にはトロリーバスツアー(おそらく工場周辺を回る)や自分の写真入りのハーシーチョコレートが作れたりなんてのもありました。(どれも有料)

お土産エリアはチョコはもちろん、Tシャツ、マグ、チョコキャンドル、雑貨などなど・・・。

チョコ5

みんな山ほどチョコを買っていて圧倒されちゃったけど、私はダイエット中の身。(ー_ー;) 本来我慢しなければならないところだけど、レトロチックな缶に惹かれてキスチョコを買ってしまいました。 何故かクッションまでも買ってるし。

お土産1 P1180017.jpg

特別すごいアトラクションがあるわけではないけれど、遊園地に来たらセットで訪れたい所。ここでしかないお土産も買えるしね!

☆実は前日の遊園地でちらっと見かけた可愛いマグネットやバッグがここにもあるだろうと思い探したのだけど、売ってなくて・・・。(゜-Å)  両方いかれる方はそれぞれで買っておいた方がいいかもしれませ~ん。

ペンシルバニア 1泊旅行③ ~鍾乳洞~ へ続く・・・

ペンシルバニア 1泊旅行① ~HERSHEY PARK~

夏休みを満喫しなくちゃ!というわけで、週末ペンシルバニアにあるHERSHEYPARK に行ってきました! 家から2時間半はかかるので、近場に宿をとって心置きなく遊べるようにしました。とはいえ、着いたのは3時。
毎度の事だけど、主はいつも当日になってどこか一泊しようと提案するので、宿を探して泊まる準備をして・・・なんてやってると出るのが遅くなっちゃうのね。だから半日損した気分。まぁそれも慣れましたけど・・・。(ー_ー;)

入り口でも嬉しい事にこの日の営業時間は23時まで。(*^ ^*  ) 3時って言ったって8時間もあるのだから時間はたっぷり。娘にも今日は帰る時間を気にせず終わりまで遊んでいいんだよ~というと、すごい喜びようではしゃいでいました。
園内に入るとお土産ショップが立ち並び、どんどん進んでいくと我が家にぴったり子供向けの乗り物が登場。小さい子用は大人が一緒に乗れないものが多くて、息子は怖がらないだろうか?と心配になったけれど、姉と一緒という事もあって全然平気な顔してぐるぐる遊具に揺られてました。 
さらに奥に進んでいくとコースター系がたくさんあって、大人が楽しめるアトラクションが多かったけど、何気にミニメリーゴーランドやミニバイキングとか小さい子の乗り物がポイントにあるので娘はかなり満足。おまけに空いてたし。

ハーシー8 ハーシー9 ハーシー4
ハーシー6 ハーシー3 ハーシー
ハーシー1 ハーシー2 ハーシー5

夏の遊園地・・・。暑くて行くもんじゃないと思っていたけど、ここはイスや木陰が結構あって、おまけにこの日は涼しい風も吹いてて心地よい。園内にはウォーターパークもあって夏だからこそ楽しめる!アトラクションがたくさん。
異様にぐるぐると早く回る観覧車(というのか?)からはパーク内が見渡せ、とにかく広いこと。全部遊びつくそうなんて思ったら一日じゃ足りないくらい。それに人のすごいこと。夜になったら人も少なくなるかな~なんて思ったら、暗くなるにしたがって人がさらに増えたような大賑わいでした。

それにしても、水上コースターの水しぶきのすごかったこと!知らないで前を歩こうものならずぶぬれ間違いなしの豪快なしぶき。あ~子連れじゃなかったら乗ってみたかった・・・。

ハーシー7

閉園までみっちり遊んだので子供たちは大満足。おまけにこの日は花火も打ち上げられ夏の夜を思い切り楽しみました。
絵遊びすぎて土産物は何も買えなかったけど、代わりに子供の絵をお土産に持ち帰りました♪ よくある似顔絵コーナーですけど・・・。(^-^; アメリカ人からみた日本人ってどんな感じに描くのかしら~なんてちょっと興味津々だったのだけど、デッサンに1人10分もかからないくらいあっという間に仕上げたお姉さん。殆どイスに座っていられなかった息子がよく描けていてびっくりでした。ちょっと大人びた感じのいい仕上がりで気に入りました。アメリカのいい思い出の品になりそうです。
一度は行ってみたかったHERSHEY PARK、なかなかよかったです。(*^ ^* )

☆ちなみに駐車場から園内入り口までシャトルカー(列車というのかな)が出ていますよ。

ペンシルバニア 1泊旅行② ~HERSHEY’S CHOCOLATE WORLD~ へ続く・・・

もう逃げられません

ご存知の通り4キロの脂肪を体に貼り付けて帰ってきた訳ですが、いつもなら2,3キロ太ってもすぐ元に戻っていたのが、今回ばかりは1ヶ月食っちゃ寝~の生活で脂肪がどんどここびりついてしまったようです。
アメリカに来て体重は増えるというよりはむしろ来た頃よりも減っていたのだけど、体脂肪だけはぐんぐん増えて恐ろしい数値になっていました。なので、運動しなくちゃ、脂肪減らさなくちゃ・・・と1年前から思っていたのだけど、いつも後回し。
でも今回の日本滞在で もう逃げられないと危機感に襲われダイエットを始めることにしました。

ダイエットプランは以前パパが日本から買ってきてくれたWii Fitをメインにし、あとはダンベル体操・ステッパー・腹筋・食事療法とあらゆる方向から攻めることにしました。


(毎日の体重、運動記録がグラフ化されます。自分の顔や髪型の設定なんかもね。)

このWii Fitは1人でやるより家族でやる方が面白い気がする。
それぞれの運動で順位がでるので負けず嫌いの人はより熱く運動に燃えちゃうかも。
これだけでダイエットができるかどうかはわからないけど、まずはいろいろ試して頑張るつもり。

3ヶ月で 体重 -4.6㎏ 体脂肪 -5.8% 
(ちょっと無理? いやいや目標は高くいかないとね・・・)

恋しくて・・・

実家での和食器に囲まれた生活も悪くなかったけど、ちょっとアメリカ食器が恋しかった1ヶ月。
日本にいる間、2軒ほどFire Kingなどを置いているお店を覗いてきました。
その値段設定の高いこと・・・。改めてびっくりでした。
日本にいたころはそんなお店で買うと高いので、オークションでちまちま買い集めて、それはそれは家宝のようにいつも眺めていたっけ・・・。 それが今はこうしてアンティークショップを巡って大好きなマグや食器を安く買えるなんて夢のよう。幸せな事です。

そう思ったら、早くも足が向いていました。とあるガラクタ屋さんに・・・。(^-^;
時差ぼけでまだ体が眠っていたけど、お店についたら別人になっている自分がいました。
前ほど収穫はなかったものの、キレイなPYREXフレンドシップのキャセロール3セットを発見!
残念ながら1つは蓋のかけがひどくて2つを購入。
そしてヘーゼルの“I Love Grandma ”マグもコンディションがよく購入。

P1170490.jpg P1170498.jpg
コカコーラ・車 ビッグバード

なんといっても激安なのが涙が出るほど嬉しい!
(日本帰りの後だけになおのこと実感なのであります)
息子にせがまれたコカコーラ・カーのティンカン、ビッグバードのビッグブックの方がずっと高いくらい、大衆食器は安かった。
これだからアンティーキングはやめられないのです・・・。

ゴーヤー

別に大した事じゃないけれど、日本に帰ったらゴーヤーチャンプルーを作ろうと思っていたのに、うっかり作り損ねてしまいました。
アジアンスーパーで手に入るけど、当たりハズレがあるし、やっぱり新鮮なものが良いので、食べたい一心で時差ぼけ中、にがうり狩りをしてきました。(去年のにがうり狩り

にがうり

去年は遅い時期に行って探すのに苦労したけれど、今回はこれから~って感じで若い実がたくさん。大きい実を探すのに苦労したけど、それでも13本GET!
プラス店頭でとうもろこし2本とズッキーニ1本で$6ちょっと。なんて安いんでしょうね~♪
(にがうり狩り、行くならこれからがGOODですよ!→ Stults Farm

帰って即効でゴーヤーチャンプルーを作り、苦旨い味を堪能しました。満足♪満足♪
しかしまだ11本もあるニガウリ。欲張りすぎました。
チャンプルー以外に何を作ればいいのか・・・誰かレシピを教えてください。

やっぱり苦手

アメリカに戻り写真を整理してたら、7月30日に成田空港で起きた着陸後に右主翼のエンジンから出火したという問題のベトナム航空機の写真がありました。(記事
アメリカに向かう数時間前に偶然撮ったもの。(既に消火作業終了後で路面がまだ濡れた状態)
ベトナム航空機

飛行機が大の苦手な私には嫌なニュースです。
いまだにあの大きな物体が何故飛ぶのかわからない・・・。(⌒_⌒;
翼がポキって折れたりしない?
「命預けますんでくれぐれもよろしく・・・」と機長さんに会って言いたいくらい、いつも祈りながら飛行機に乗る私です。

その飛行機、さらに今回の一時帰国でブルーに。
悪い予感が的中しました。息子が帰りの飛行機で大暴れ。
始めはよかったけれど、だんだん窮屈になってきてじっとせず、前のイスを足でどんどん蹴り上げる。(新幹線でもやってくれたし) お陰で前の座席の若いギャルに文句を言われるし、夜泣きで周りに迷惑かけるし、とってもとっても肩身の狭い思いでした。

二度と飛行機なんか乗るまい!と何度思ったことか・・・。

お陰で12時間半のフライトでは一睡も出来ず、飛行機降りた時にはエネルギーを殆ど使い果たしヘトヘト。子連れってこんなに大変なのね・・・と痛いほど思い知らされました。
いついなったら手がかからなくなるのやら・・・。
やっぱり飛行機は苦手です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。