M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2006年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2006年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年11月
ARCHIVE ≫ 2006年11月
      

≪ 前月 |  2006年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

チーズケーキ♪

手抜きするときはいつもこれ!簡単チーズケーキレシピ♪

チーズケーキ(タルト)
 クリームチーズ     200g
 砂糖             80g
 卵              2個
 薄力粉           30g
 生クリーム        200㏄
 レモン汁           大1

 ※型…18cm丸型 170℃に予熱する

1. クリームチーズは室温、またはレンジで様子を見ながらやわらかくし、手で8個くらいにちぎってミキサー又はフードプロセッサーに入れる。
2. あとは残りの材料を1に入れて、回すだけ。ミキサーなら3分、フードプロセッサーなら1分くらい。(途中止めて、中で飛び散った材料を戻してやる。)
3.紙を敷いた型に流し入れて、170℃のオーブンで40~45分焼く。
4.焼きあがったらでそのまま型ごと冷めるまで待ち、冷めたらさらに冷蔵庫で冷やし、その後に型からはずす。(食べる直前でも)

今回は市販のタルトを利用しましたが、なくても全然大丈夫。
クリームチーズは250gでもおいしくいただけます。

結構みなさんこれはご存知かも知れませんが、うちでもかなり定番となってます。
簡単なのに見栄えも味もいいので、ちょっとした集まりにおススメです♪
私はこれを作るといつも冷凍してストックしてます。
そうすれば不意のお客様でも困りませ~ん。(*^ ^* )V

スポンサーサイト

Who’s calling, please?

今日の朝いつも通り娘をスクールに送りに行った時のこと。
先生が「Do you have …」と言いかけて、私の顔を見るなり「Ah~OK」とか言って娘を連れて消えてしまった。
それって、私じゃ話しても通じないって事?
例のバナナの件があるから分らなくもないけどさ、一応最後まで言ってくれてもよかったのにな~。これじゃ英語の練習にならないわ。
先生よ、何が言いたかったの?

昼間は電話が2件。
めったに英語で電話なんてかかってこないのに、今日は立て続けにかかってきた。
普通の会話でさえ四苦八苦してるのに、電話なんて高度すぎる。
それでも一応対応してみるけど、早すぎてo(;-_-;)o ???です。
仕方がないから、夫からかけさせるから番号を教えてくれというと、
電話番号はないという。相手の名前を聞いても長ったらしく喋るし、これは怪しい。
きっとセールスだ!
そう思ったらばかばかしくて対応してられない。
「ごめんよ、英語分からないからバイバ~イ」で切っちゃった。(^-^;
うちに用事のあるアメリカ人なんて滅多にいないし、おそらく大丈夫だろう…。
しかし、いつまでもそれじゃ進歩しないので、電話の決まり文句くらいは覚えておこうかな。

英語学校

こちらにきてやっと家の事、子供の学校など生活の基盤も整ったので、残すは自分の事だけ。
せっかくだからいろんな習い事をしたいのだけど、まずは何をおいても英語を勉強しなければならない。
それで先週、ある教室に問い合わせをパパにしてもらったら、勝手に試験の申し込みしちゃって、今日受ける羽目に…。しかも、パパも夜間通いたいというので2人で受ける事になりました。
(なんで話せる人と一緒に受けなくちゃならないのか…)

学校に行くと、小さな部屋の一室に通され、優しそうなおじさんがいろいろ説明をしてくれているのだけど、言ってることが半分しか分からないし、パパがいるからボーっと聞いてたらいつの間にかテストが始まってたみたいで。焦る焦る…。(^▽^;)(このおじさん先生だった。)
久しぶりに見る英語の問題。説明文を読んでも全然ピンと来なくてちょっと固まってしまった…。
でも最初は私にでもできる簡単な内容。しかし、だんだん内容が難しくなってきて、英作文チックになってくる。問題はちゃんと理解できるんだけど、いざ文章を書こうとなると文法が思い出せなくて、かなりはちゃめちゃな文章になってしまった。
まぁここで見栄はってもしょうがないので、自分の思うままに解答して終了。

結果、パパとは歴然の差で、おそらくレベル7くらいまである中で、パパはレベル6、私は1と2の間の微妙な位置らしい…。(ー_ー;)
先生が「2で頑張ってみたら?」と言うと、パパが「彼女は1でいい」とばっさり切り捨て!
┐(-。-;)┌あ~そうかいって思ったけど、確かに英語漬けの授業で無理してハードルが高かったら挫折しそうだし、着実に学べる方がいいか…と妙に納得して、1月からESL(English As Second Language)の初級クラスを申し込んできました。
この授業、おそらく基礎的な文法からリスンング、読解の本当にお勉強って感じのコースっぽい。私としては実践英会話をしたかったのだけど、家の近くで子供を預けられる教室がここだけ。必然的にこの教室を選ばざるを得なくて。

授業は週2回で各1時間半、半年のコース。
日本で通うよりかなりお安く、娘の1ヶ月の学費の半分以下。(^-^;
果たして最後まで続くかどうか不安が募るけれど、今までちゃんと会話として英語を話す機会がなかっただけに少々楽しみでもある♪

参考書  よくよく考えたら、今金曜日にも日本人
  の方に生活に必要な簡単な英語を教
  わっていたんだっけ。
  (習ってるというより、雑談が楽しかった
  りするんだけど。)
  となると、来年から月・水・金と英語漬け
  になるんだわ~。想像するだけで目まい
  がしそう…。(―_―;)とにかく今よりマシ
  になるように地道に頑張らねば!
  p(*^-^*)q

↑日本から持ち込んだ数々の参考書の一部
 役に立つけどなかなかモノにできずにいる私です。

Adventure Aquarium

Aquarium(チケット)
今日は娘のお友達のママからの情報を元に、
ニュージャージー州立の水族館
“Adventure Aquarium”に行ってきました。
ここはNJ州Camdemという町にあり、川を挟んでフィラデルフィアの町が見渡せます。
我が家から車で1時間。
ドライブにはちょうどよい距離です。


Aquarium(フィラデルフィア)


州立だから料金は安いだろうと思ったら、日本の水族館並みの金額でした。
館内はA~Dゾーンまであり、日本でもおなじみの魚たちが元気に泳いでました。
アシカやイルカのショーなどは行われておらず、ラッコもまんぼうもシャチもいないシンプルでこじんまりとした水族館。それでも娘は十分楽しそうでした。

Aquarium(館内1)水族館(アザラシ)

ここの目玉なのかわからないけど、カバの泳ぎが見ることができました。カバの泳ぐところなんて初めてで、大きくて迫力あり!あの巨体で上手に泳ぐこと。みんな釘付けでした。サメに触れる体験コーナーも人気で子供たちは楽しそうに触ってました。娘は臆病で後ずさりでしたが…。( ̄▽ ̄;)

Aquarium(館内3ボブ)そして娘の心を奪ったのがあのBobくん♪
何故か水族館でBobくんの4Dシアターというのを上映中だったのです。
そうだ…彼は海に住むキャラなのだった。(スポンジボブのスポンジは海綿のスポンジだそうな。)
当然のように娘はパパを引き連れてシアターを見に行き、とても満足そうに帰ってきました。
小さい子にはちょうどよい規模で飽きることなく見て回れたのでよかったです。

今日はアメリカに来て、漸く子供のために1日を過ごせたような気がする…。
やっと生活も落ち着いてきたって事かな。
これからどんどん子供たちを連れて、いろんな物を見せてあげよう。
やっぱり子供の喜ぶ顔が一番だものね!

**今日のぼやき**
私っていつもビデオとデジカメ係…。パパは全然そういうのマメじゃなくて、任せたら絶対家に忘れてくる人。たまには私も撮って欲しいよ~!

ホールセールスーパー

こちらアメリカはThanksgiving Dayの翌日はAFTER THANKSGIVING SALE!といって大規模なセールをやるそうです。
早朝5時、6時オープンするお店の前にはお目当ての商品を買いに来た人が大勢押し寄せ、行列をつくり、お店によっては一日限定セールや午前中限定だったり時間帯もいろいろで、とにかくとても安くなるらしいです。(日本でいう初売りのようなもの。)
この日にクリスマスグッズを買って準備するという所も多いようです。
そして我が家はというと、本当は雰囲気だけでも見に行きたかったのですが、早朝から子連れで行くのは無理なので今日はゆっくり始動。
お昼近くになってようやく近くのモールへ足を運びました。
やっぱりいつもより混んでいて、駐車場に車を入れるのに苦労しました。

SAM’S CLUB私達が向かったのはまとめ買いスーパーの店、“SAM’S CLUB”です。
WHOLESALEと呼ばれるこのスーパーは、会員制の卸売りスーパーでとにかく安い。箱売りやサイズもBigなものばかり。
日本ではCOSTCOなどでお馴染みですね。(こちらではコスコと言います。)
その“SAM’S CLUB”に行ってみると、普段から安いだけあって、今日は閑散としてました。
SAM’S CLUB(店内)何も大売出しの日にこのお店に買いに来なく
ても…と言われてしまうかも知れないけど、
どうしても買っておきたいものがあったのです。
それはイースト。この辺のスーパーでは7gの少量パックでしか売っていないので使いづらかったのですが、“SAM’S CLUB”に売ってるらしいという情報を得て探しに来たのです。
そして見つけました。454gが2パックで
$3.99! 爆安!
この1㌔ものイースト、
一体何ヶ月、いや何年で使いきれるのか…。
すごすぎる。

このお店は食品だけでなく、衣類、家具、電化・家電製品、雑貨など幅広い品揃え。
見てるだけでも楽しいです。

何気にみつけたカップラーメン24個入り$5.99という破格の安さに思わずカートに入れてしまいました。(非常食用という事で。(^-^;)
お肉も半端じゃない大きさ。これで$12前後なのでかなりお得。
我が家だったら消費するのに何日かかるだろう…。
SAM’S CLUB(ラーメン) SAM’S CLUB(お肉1)

4人家族の我が家には多すぎて普段買える物が少ないけれど、パーティーやイベント、お友達と共同購入するにはとてもありがたいスーパーです。

Thanksgiving Day

今日はサンクスギビングデーという事でアメリカの人たちはきっとターキーを食卓に囲んで家族や親戚と一緒ににぎやかに過ごしたことでしょう。
そもそもこのサンクスギビングデーとは何だろう?
私の認識では“収穫祭”という事だけしか分からない。(⌒_⌒;
それでせっかくなので調べてみました。

Thanksgiving Dayは毎年11月の第4木曜日。
その由来は、1620年11月、イギリスの清教徒が新天地を求め、2ヶ月の航海を経てアメリカ(現在のマサチューセッツ州、プリマス)へ移住してきました。しかし、彼らに厳しい冬が襲い、寒さと飢えで100数名いた清教徒のうち半数が命を落としました。その彼らに先住民のインディアンは食料を分け、農作物の栽培や狩猟の方法を教えました。そして清教徒たちは初めての収穫を神に感謝し、インディアンを招いて祝宴を開き感謝したというものです。

なるほど、この祝日にはそんな意味があったとは、とても奥の深い大切な日なんだと思いました。

サンクスギビングの定番料理というと
ローストターキー(パンや野菜など詰める)、クランベリーソース、マッシュポテト、パンプキンパイなどお決まりの物があるそうです。
我が家でもぜひターキーなるものを焼いてみたかったのですが、周りの話を聞くととても手がかかりそうだったので今回はやめました。
冷凍のターキーを買うと2,3日前から解凍して準備をし、オーブンで焼くのに3時間、大きさによっては6時間!?時々油をかけながらじっくり焼くそうです。さらに、大きなターキーだと取り分けるのも一苦労らしく、電動ナイフ?という物がちゃんとあってそれで切るそうです。
( ̄∇ ̄|||) これには驚きましたが、周りの国際結婚されている日本人の奥さま方に話を聞くと、ターキーは大抵ご主人の仕事だとか。確かに大きなターキーは男の料理って感じがするわ。でもうちのパパには無理だろうな~。(あまり興味がなさそう…。)
ターキーの中に詰めたパンや野菜が美味しいって聞いて、アメリカにいるうちに1度は作ってみたくなりました。

で、散々サンクスギビングの話ばかりしてしまったけど、
今日の我が家の食卓と言えば、パパの会社の同僚2人を呼んで和食の会…。
というのも、みなさんご家族がまだアメリカに来ていないので和食に飢えてるとパパが言うので、懐かしの和食でサンクスギビングの夜を過ごしました。
改めて和食といわれると何を作ればいいのかちょっと考えてしまったけど、煮物数品・おでん、卵焼き、イカリング・とんかつ・お稲荷なりさん、豚汁…などなどちょっと地味な献立になってしまった。刺身が手に入れられなかったのが痛かった!
来月のクリスマスはもっとパ~っとパーティー料理で派手にやるぞ~!p( ̄0 ̄)/

***食事中、なんと鹿が出現!こんな住宅街にも出没するのね~***

記憶力

この間娘を寝かしつけていたら、
“Would you get me that box?”
と突然話し始めたんです。
「え?今なんていったの?」
するとまた同じフレーズを繰り返し口にします。
そ、それって確か私が半月前に口にしてたフレーズだったような…。
何で知ってるの~?w(*・o・*)w
聞いただけで喋っちゃうなんて、しかも半月も前の事なのにすごいわ~。
子供の記憶力って恐しい。
スクールに通い始めてからも、何かしら片言覚えて帰ってくるし、この吸収力はホント羨ましい。
私にも分けて欲しいよ。

でもでも…
そんな吸収力がありながら、いまだに覚えられない日本語もある。

たいやき と たこ焼き
まんぼう と めんぼう
春巻き と 腹巻

どうしてもこれらはいつも間違えるんだな~。
私もついつい面白くて、最近はそのまま聞き流しちゃったりするんだけど、
そろそろきちんと直してあげないといけないかな。
もう4歳だしね…。(*^- ^*)

新車購入&ドライブ♪

ついに我が家にも車がやってきました。
購入まであれこれ車種には悩みましたが、
結局、パパが憧れていたヨーロッパ車のSUVを購入しました。
色は黒。今まで小さな車に乗っていたので私的にはかなり抵抗ある大きさなのですが、アメリカは道路も駐車場も広いのでまぁ大丈夫だろうとこの車を承諾しました。
それに鹿にも対等に戦えるし…。(^▽^;)

購入にあたっては一応周りの意見もいろいろ聞いたのですが、誰もが日本車を勧めます。
それはアメリカでは日本車に人気があるということ。
やはり性能も燃費も乗り心地も日本車が一番なので、売りに出しても日本車が一番高く買い取りをしてくれるそうです。ヨーロッパ車は買い取り価格が悪いそうですが、我が家は乗り潰すつもりで購入したので、車を資産として考えるのはやめました。
この車が乗り潰せるほど長くアメリカに居られるのか疑問だけど…。

その真新しい車を受け取りに行った帰り、少し足を伸ばして自由の女神が見える“Liberty State Park”に立ち寄りました。
アメリカの象徴、女神様は思いっきり後ろ向き でした。(^-^;
自由の女神1 リバティ
ここはマンハッタンのニュージャージー側の対岸で、マンハッタンを一望できます。
きっと夜景はきれいでしょう。
小さい子がいるとなかなか夜景を見るのは難しいけど、いつか眺めてみたいものです。

今日はお顔は拝見できなかったものの、自由の女神も見れたし、車の乗り心地も快適でいい一日でした。

またまたアンティーク屋さんに・・・

今日は娘のスクールがお休みでした。
というのも、今の時期、conference(カンファレンス)といって先生と個人面談を行う時期で、この日は学校が早帰りになったり、娘のスクールでは1日お休みになりました。
このconference、子供を連れていってはいけないそうで、必ず誰かに預けるかして親だけが出席しなければならないそうです。私が個人面談をしにいったらきっと笑顔をふりまいて「Yes Yes」で終わってしまうので、パパにお休みをとってもらい、個人面談に行くよう手はずをつけていました。
しかし直前になって、娘は入ったばかりだからまだconferenceの必要はないとの事で、
今日は思いがけずフリーになりました。
それで、この間アンティークショップのおじさんから聞いた情報を元に、somerville(サマービル)という町にショップ巡りに行くことにしました。

家から行くこと約30分。
somervilleは歴史を感じさせるような古い町並みで、アンティークの匂いがプンプンする!?

サマービル

果たしてこの町に自分の目指す食器はあるかな~とメインストリートを歩くと、
“SOMERVILLE CENTER ANTIQUES”というお店が目の前にあるではないの!
大きな店構えで、私の期待は高まります。
足を踏み入れるとそれこそいろんなアンティークが置かれています。地下もある広い店内、くまなくFire Kingを探したのですが、数点あるだけで、しかも状態がかなり悪い。
サマービル(センター1) サマービル(shop1)

どうもこのお店はアンティークと言っても、価値あるものから本当にどうでもいいような物まで置いてあるガラクタ屋さん的なお店でした。

まぁ初めからそううまく見つかるわけないと気を取り直し歩いていると、あるお店のショーウインドウに釘付けになってしましました。
何気なくPYREXやFire Kingが飾られているじゃないの!?
一気にテンションが高くなって店内に入ると、それはそれは宝の山!
お店の奥にどうだ~って感じにF・KやPYREXそしてヘーゼルアトラス社やフェデラル社の物も置かれ、50年代60年代を過ごした食器たちがあふれています。

サマービル(店内1)
私の目は輝いて興奮しまくりです。
いつも本で見ていた食器が無造作に置かれ、未使用の物もあり、もうその食器の中でず~っと埋もれていたい気持ちでした。(^▽^;)
あれもこれも欲しくて溜まりませんでしたが、パパにいくらまでと制限を言い渡され入念に品定め。

 サマービル(店内2)
何故かジェダイ(翡翠色)のシリーズは日本並みにお高めだったので、今日は欲しかったデザインの食器を絞って購入しました。
娘も自分のマグカップを選び、パパも自分好みの食器を買ってみんな満足!
……というか私が一番大満足♪でした。
他にもShopはあるらしいのですが、この1件ですっかり満足してしまったのとお金も使い果たしてしまったので、また次を楽しみにsomervilleの町を後にしました。

~今日購入した食器です~
サマービル1(F・K) サマービル1(H.F)

サマービル1(PYREX) サマービル1(スワンキー)


家に帰ってこの食器達を並べる幸せな時間といったら…(o^^o)♪
(こりゃ好きな人にしかわからないんだろうな~。)
このカップで何を飲もう?この器にはどんな料理が合うかしら?
そんな事を考えるのが楽しくて、いろんな夢がふくらんできます。
でも懐も淋しくなってしまったので、しばらくShop巡りはおあずけかな~。f(^ー^;

日本食材 アジアンマーケット~その1~

ついこの間、近くのアジア系スーパーに行きました。たまたま通りかかり暇つぶしにどんなものかと寄ってみたのですが、入ってびっくり!
日本食材があるわあるわ!
ムースポッキー・アンパンマンチョコなどのお菓子に午後の紅茶・お~いお茶のドリンク類、雪見大福・納豆・こんにゃく・おでんの具・枝豆・焼きそば・長芋・梨・ししゃも…あげたらきりがないくらいいろんなものがありました。

アジアン(お菓子) アジアン(雑貨)

アジアン(即席1) アジアン(即席2)

前日、1時間はかかる“MITSUWA”(日本食材スーパー)にわざわざ行ってただけに、10分ちょいで行ける場所にこれだけの食材が手に入るスーパーがあっただなんてちょっと悔しい気がしました。
品揃えは断然ミツワですが、ここでもそれなりに和食を保てる品々があるのでうれしい発見です。中国系という事もあり、中にはまともに見られないグロテスクな食材や店内の臭いもちょっとすごいのですが、こじんまりとした小さなスーパーで私にはちょうどよい。
ただし、難点はやはり賞味期限!
ミツワでもそうだったけど、納豆やこんにゃくその他もろもろ、殆ど賞味期限が書いてありません。しかも生の豚肉の賞味期限が1ヵ月後!!
いったいどういう基準で賞味期限を設定してるのか、ここに限らずこちらでは期限がかなりいい加減に感じます。

後で人に聞いたところ、賞味期限は消せるものはこすって消したり、上からシールを貼って見えなくしたりして、期限切れを置いてたりするから気をつけた方がいいと言われました。
確かに後日、ここで買い物してたら1月期限のどら焼きがしっかり売ってました。
やっぱりこのスーパーやめた方がいいのかな~と一瞬躊躇するものの、和食がかかせない我が家には今はやめることはできそうにないです。
それより嗅覚を養っておくべきかな。(笑)

バナナはいくつ?

娘のスクールも1週間が過ぎ、今のところ問題なく通っています。
日本のお友達と触れ合うことが多いようですが、そのうち現地のお友達にも溶け込めるだろうと気長に構えています。

それより問題があるのは私の方…。

先週、スクールからお手紙をもらい訳してみると、“16日はThanksgivingのお祝いをスクールでやります。各家庭でお祝いで使う食べ物を提供してもらいますので、担任の先生に聞いて下さい”というような内容でした。
あ~先生に聞かなくちゃいけないんだ~とちょっと憂鬱だったのですが、後日、娘を送りに行ったときに、先生から提供する食べ物を選んでくれとリストを渡され、一番分かりやすいバナナを選びました。
ナイスチョイス!とか思いながらサインして、ふと何本必要なのか分からなくて聞いてみると、「4つか5つくらい」と先生が言う。
それってひと房になってるのを4つ?それとも4本???4本じゃみんなで食べるには少なすぎるような…でも1房って何て言えばいいんだろう~?
こんな疑問が一瞬にして頭を過ぎり、とにかくひと山をゼスチャーで示したり、知ってる単語を思いつくままに言ってみたのだけどなかなか分かってもらえず、先生も「O~K~~」ってな風に言い、去ってしまった…。この虚しさったらないわ。(―_―;)
仕方がないからとりあえず5房くらい持っていけば間違いないだろうと思うことにしました。

そして、その話をパパにしたら、
「そんなに持っていくの~!?」と疑いの目。
そういわれるとまた不安になってくるじゃないのよ。(-_-)

それで、たまたま今日は娘を送りがてらパパも会社まで乗せなくてはいけなかったので、一緒に先生に聞いてもらうことに。
すると4房ではなく、4、5本あるバナナを1房持って来るようにとの事。
危うく大量のバナナを持って行って恥を書くところだった。
あ~私の負け!英語なんてもともとできないから凹みようがないと思ってたけど、しっかり凹んでしまった。( ̄◇ ̄;
どうしても先生の言っている事が聞き取れなくて、これからのスクール生活、大いに私に問題ありです。少し話せても聞き取れないんじゃ会話が成り立たないし、私の英語力、かなり深刻になってきました。
先生と簡単な会話のやりとりができるように頑張らねば。
早く英語学校探そ~。F(^―^; (何かを頼らずにはいられない。)

これを読んでいる方々はご存知かと思いますが、
私が忘れないよう書き込んでおきます。

a bunch of bananas バナナ一房
a section of an orange みかんの房

房にもいろんな表現方法があるのですね。

アンパン

昨夜突然“あんこ”が無性に食べたくなって、アンパンを作りました。
うちの電子レンジやガスオーブンには発酵機能がついてないので、1次発酵も2次発酵も室温でやらなければならず恐ろしいくらい時間がかかりましたが、何とかアンパンが出来上がりました。
あんぱん1

スーパーに行くといろんな小麦粉がたくさんあるのでいつも迷うのですが、今回使ったのはパン専用粉。この粉はおそらくたんぱく質の含有量が多いからか、パン焼き器で焼くとてっぺんが蓋についてしまうくらいとてもボーリュームの出るパンに仕上がります。
今日もパンの膨らみが良すぎてアンパンのオヘソが出ベソになったり、ありがたいことに?娘も成形を手伝ってくれたので不格好なパンがいっぱい出来上がってしまいました。( ̄▽ ̄;)
でも焼き立てのパンはどんなに不格好でも美味しいものです。(o^^o)♪

Pre-School ☆初日☆

今日は娘の現地スクールの初日でした。
娘は不安というものは全くないようで、早く行きたくて朝からはしゃいでいました。
私はというと、4時起きして久々のお弁当作り。(気合入ってます!)
娘のスクールは毎日お弁当持参で、送り迎えもしなければならないので毎朝忙しくなりそうです。

今日はあの高額な月謝の支払いもあったのでパパと早めにスクールに行き、娘を送り届けました。
少しは駄々こねたりするかな~と思ったのですが、クラスに入るとすたこらさっさ絵本のコーナーめがけて行ってしまい、
「ママたちもう行くからね~。」
なんて言っても聞く耳持たず、絵本の世界に入ってるのでもうそのまま置いてきました。(―_―;) 
4ヶ月ぶりに昼間娘がいない時間にちょっと寂しさがこみ上げたりしましたが、それも数時間。
家事がはかどるのなんのって。とても充実した時間が送れました。(^-^;

全く言葉のわからない中でお友達や先生とうまくやれるかな~と心配していたのですが、お迎えに行くと先生が「とても楽しくやってたわよ~。」(多分…)なんて言ってたので、それほど心配しなくても大丈夫そう。
本人もすごく楽しかったみたいで上機嫌でした。
実はうっかり“bathroom”(トイレ)という言葉を教えておくのを忘れてしまい、娘に「トイレ大丈夫だった?」と聞くと、どうにかこうにかゼスチャーで伝えたそうです。(^。^;)ホッ

娘のスクールの送り迎えは車で教室の入り口前に止め、先生が子供の乗せ下ろしをしてくれるので、親は車から降りずに済みます。
うちの場合、下に小さい子がいるのでとてもありがたいです。
また、時間には厳しくて朝は早すぎてはダメ、帰りは決まった時間に迎えに行かなければならず、5分遅れると$10支払わなければなりません。
なので帰りの時間にはとても気を使います。
もうひとつ規則でいうと、男の子のキャラクター(攻撃的なキャラ)の服やお弁当箱などは持って来てはいけない事になっています。ポケモンや○○レンジャー物など子供が真似て戦いごっこをするのは好ましくないという考えがあるようです。

とりあえず無事初日を終え、娘も楽しく過ごせたようなので親としては一安心です。
娘は久々に体を動かしてきたからか夕食もかなりの量をたいらげ、夜は早々と深い眠りにつきました。2ヶ月もの間家にこもっていたのでストレスもかなりあったと思うのですが、これからはスクールで楽しく発散でき、リズムある生活が送れそうです。
このまま何事もなくクラスに馴染んでくれたらな~と思います。

あ~明日もお弁当作り。早起きして頑張らねば!p( ̄0 ̄)/

Happy Birthday  ~11月4日その3~

今日は娘の4歳の誕生日!
まさかアメリカでバースデーを迎えるなんて想像もしてませんでした。
もう4歳ともなると自分の誕生日というものが分かるようになり、前日も「明日は4歳になるんだね。」と1つお姉さんになるのを楽しみにしていました。
なのでプレゼントも手抜きができず、予め聞いて用意しておきました。

今回はLeapPad という日本にあるCoCoPadのアメリカ版といった感じの遊びながらできる英語教材にしました。
ボブ1こちらに来て“SpongeBob”(スポンジボブ)というキャラクターを娘は気に入り、その教材にこのBobのシリーズもあるというのでプレゼントしたのですが、渡した瞬間、もう大喜びでBobでお勉強をし始めました。Bob効果すごい!
このBobくん、あまりかわいいとは言い難いキャラなんだけど、見慣れてくると結構愛着がわいてきたりして…。
(初め見た時はチーズだと思ったわ。(^▽^;))

オービット

さらにおまけでオービットという乗り物をパパが選んでプレゼント。
近所の子ども達がこれで遊んでいるのをよく見かけるのできっと流行っているんだろうと思います。
昔日本でもこういうの流行ってたな~。あとホッピングとか…知ってる人いるかしら???
このオービットも娘はとっても気に入ったようで、一生懸命練習してました。



今日は忙しくてごちそうを作る暇がなかったので、食事は外で済ませ、デザートだけ娘のリクエストでいちごのケーキを作りました。
誕生日ケーキ1
   時間がなくて、焼き上げたスポンジがあまり
   冷めないうちにデコレーションしたもんだから、
   部屋の暖かさも手伝って生クリームがだらだらに。
   でも自分で言うのもなんだけど、この間買った
   チョコレートケーキよりは美味しくいただけま
   した。 (^▽^;)

ちなみにこちらのイチゴって美味しくないんです。
初めて買った時、すごく硬くて甘みがなくてそのままでは食べられませんでした。
硬いイチゴって想像できます?
それ以来、イチゴは避けていたのですが、今回買ったのは当たり!
甘味もそこそこあり食べられました。
もちろん日本の方が断然美味しいけれど…。
来年はもっと上手にケーキを作ってあげたいな。

*******************************

誕生日を迎えるたびに、子供の成長の早さには驚かされます。
5歳もきっとあっという間なんだろうな~と思いつつ、ここアメリカでいろんな経験をさせて、楽しく充実した1年を送らせてあげたいなと思います。

Antique Shop  ~11月4日その2~

午前中、運転免許を無事取得して気持ちもすっきりしたところで、
午後はちょっと郊外をドライブ。
いつも買い物に追われてなかなか行くことができなかったアンティークショップ巡りを提案し、家からそう遠くないあるお店へ向かいました。
アンティークショップ巡り(アンティーキング)で、大好きな※Fire King(ファイヤーキング)を探す事が私のアメリカ生活での憧れでもあったので、気分はウキウキ♪
電話帳のアンティークショップのページの切抜きを持ち歩いていたので、それを頼りに探すと1件、それらしきお店が!
お店の雰囲気は食器や置物などがディスプレイされていて、もしかしたらFire King(以後F・K)もあるかもしれないと気持ちが高まるのを押さえながら、とりあえずお店の前に車を止めてパパが先に見に行きました。
アンティークにもコイン・切手・陶器・ジュエリー・本・時計・古着…と様々。私達の目指すF・Kは果たして置いてあるのかどうか微妙なところ…。
そして待つこと2分。
「少しだけあったよ~。」とパパちょっと嬉しそう。
いよいよ私も出陣!
の前に、上の子には絶対走ったり触ったりしないでねと強く言い聞かせなくては。
とにかく触りたがるし、走り回るので要注意。物が物だけに、子連れでこういうお店に行くととても気を使います。
早速お店を覘くといろんなジャンルのアンティークが盛りだくさん。
思ったより広い店内でFKが置いてあったのは地下。グラスやティーカップ等食器類がたくさん並べられ、その中にジェードに輝くカップがあるじゃない!!(☆▽☆)
(そう見えるのは私だけかも。)
アメリカで初めてF・Kとご対面。
Fire Kingが生まれたこのアメリカで実際目にすることができるなんて、ちょっと感動的!
飾られていたのはジェーンレイという種類のカップ&ソーサー4客とアリスと呼ばれるカップ&ソーサー1客のみ。状態はよかったけれど、ジェーンレイは既に持っていたので今回は購入には至りませんでした。
その代わりに、※PYREX(パイレックス)のリフ(冷蔵庫保存容器でレフともいう)がいくつかあり、ブルーのMサイズを1つと、可愛い※スワンキーグラス風のミニグラスを3個買いました。

パイレックスリフ青M  
  このリフにはS・M・Lサイズがあり、
  いろいろなカラーやデザインが
  あります。
  冷蔵庫からそのまま食卓へ出せるのも
  便利です。





ミニグラス3個
 約5オンス(150ml)入るミニグラス。
 どこの物かはわからないけど、一目見て
 気に入ってしまいました。f(^ー^;







お値段はパイレックスが$16、ミニグラスが1つ$3。
アメリカにしては高い気が…。
もちろん日本で買ったらもっと高いけど、せめてあと$5くらい安いといいのに…。
アンティークなんて値段があってないような物。値切っちゃえ~とパパに肘で合図。
店主といろいろやりとりしているのを横でボーっと待つ私。
ご主人はグラスをくるくる紙に包み始めて包装しているので、どうやら無事話はまとまったよう。
でもなかなか二人とも話が終わらない。話の合間にパパに小声で「どうだった?」と聞くと、ミニグラスを1個まけてもらったとの事。
う~ん1個ねぇ。…o(;-_-;)o
まだアメリカの相場ってのもよく分からないし、次の事を考えたらあまり値切り倒すのもなんだわ。最初だし今回はこれでよしとしよう…と1人で勝手に納得。
で、何をそんなに長話してたのかと思いきや、ちょうど1週間前にF・K一揃いがあったらしく、それをある人が買い占めていったそうな。w(*・o・*)w
その一揃いを私は見たかった。残念…。
でもここのご主人は昔日本に住んでいたことがあり、琴を習っていたらしい。ひょっとして日本びいき?…かどうか分からないけど、近くに住んでいると話したら、Fire King、PYREXが入ったら連絡してくれる事になりました。
ついでにこの辺のアンティーク情報も教えてもらい、これからのアンティーキングがますます楽しみになりました。
NJ州は歴史も古いそうなので、これからいろんな町を巡って小さな宝物を見つけられたらな~と思います。


~予備知識~
※AntiqueとCollectible
アンティークとは作られて100年以上経った物を言い、それ以後の比較的新しい物はコレクティブルと呼ぶそうです。Fire KingなどはCollectibleに当てはまります。

※Fire King
1942年~76年にアメリカのアンカーホッキング社が製造していたガラス食器のブランドで
大衆食器としてレストランや家庭で普通に使われていた耐熱ガラス食器。
マグの種類も多く、ジェードカラー(翡翠色)の食器は魅力的です。

※PYREX
アメリカのコーニング社が製造している食器・調理器具のブランド。
世界で初めて耐熱ガラスを開発し、1915年にPYREXは生まれました。
現在でも製造され世界中で使われていますが、1915年から60年代頃までに製造されていた物をオールド パイレックスと呼びCollectiblesとして人気があります。
マグやミキシングボウル、レフリジレーター、パーコレーターなど料理が楽しくなるアイテムがたくさんあります。

※スワンキーグラス(Swanky Suigs)
チーズで有名なクラフト社がチーズをミニグラスに入れて販売したグラスで、使い終わったらコップとして使えるというそのアイデアで人気があったそうです。(1930年~70年代)このグラスは「スワンキースイグス」と呼ばれ、動物柄や花柄など様々な絵柄があります。

運転免許 ~11月4日その1~

今日は運転免許の試験を受けに行ってきました。
日本で国際免許を申請したので1年間はそのまま運転できるのですが、NJ州では転居して60日以内に州の免許を取得しなければならず、ぎりぎり58日目で申請しに行きました。
この運転免許の手続きをするにはいくつか資料を揃える必要があり、それがまた大変な作業なんです。パスポートと国際運転免許証だけではダメで、こちらに住んでいるという確認できる書類や銀行カード・ソーシャルセキュリティナンバーなどの書類が必要になります。
私のような駐在妻はソーシャルセキュリティーナンバーは申請できないので、その申請ができませんという証明をオフィスにもらいに行かなければならなかったり、揃えるのに苦労します。

その書類もようやく揃い今日やっと試験を受ける事になったのですが、この試験勉強も最初はどうなることやらで、受ける5日前から勉強を始めようと思ったのに、子供たちに邪魔されて30ページもあるテキストは3日で1ページしか進まず…非常に焦りました。( ̄∇ ̄|||)
そんな時、試験を受けたばかりのお友達がすごい問題集をくれました。
試験問題そのまんま?みたいな問題が100問近く。
パパに見せると「ほんとにそのまんまじゃ~ん!それだったら絶対受かるよ~。」と試験に一回落ちたパパは悔しそう。
とりあえずその問題を暗記し、プラス、早朝にはパパのレクチャーもしっかり受けて試験に臨みました。
試験は母国語で受けることができ、コンピュータでタッチパネル形式になっています。
50問中40問正解すればOK。
で結果は…

合格!v(≧∀≦)v 

たった一日の勉強(暗記?)で受かってしまうとは、恐るべしあの問題集。
問題集以外からも15問くらい出題されたけど、パパのレクチャー効果のお陰で無事クリアーできました。
パパにも感謝!m(_ _)m
晴れて私もNJ州の免許を手にすることができました。(*^ ^* )V

Pre-School

こちらで幼稚園を探すにあたって、システムの違いなど把握しなくてはならずいろいろ調べてみました。
アメリカではキンダーガーテン(Kindergarten)というのがあり、日本でいう年長にあたる5歳児が小学校が始まる前にこのキンダーに1年間通う事になっています。住んでいる学区内の公立の小学校に付属されたキンダーに入れます。
州によっても違うようですが、大体、キンダーからハイスクールまで(キンダー1年間と小学校1~5年生まで、中学校6~8年生、高校9~12年生)が義務教育となります。
キンダー以下の子供たちはというと、日本で保育所にあたるデイケアーセンター(Daycare Center)や幼稚園にあたるナーサリースクール(nursery school)・プリスクール(Pre-school)があり、各家庭の判断で適当な年齢に通わせているようです。

この制度からいうと娘はナーサリーかプリスクールに当てはまるので、まずは家の周辺のスクールを調べてみました。
するとあるわあるわ…地図で場所を調べて、とりあえず家から一番近いところを数件絞りました。

そして今日はアポをとって最初のひとつに見学に行ってきました。
このスクールはご近所さんも何人か通っていて若干情報ももっていたので、できれば通わせたいと思っていたのですが、日本人が多いと聞いていたのでちょっと迷いがありました。
せっかく現地の学校に通うのだから英語を覚えるためにも、日本人が少ない方がいいのでは…。
まぁそんな思いを抱えながらとりあえず見学しに行ったのですが、校長先生にお話を聞いたところ、日本人はクラスに2,3人との事だったのでそれならあまり問題ないかなと判断しました。
スクールに入れるにあたって、まずは慣れてくれるのが一番なので、日本人のお友達がいた方が返って溶け込みやすいかも…と思えたりもして、スクール自体はこじんまりとした感じだけど目も行き届くので、早々とここに決めてしまいました。
他のスクールも回ってみたかったけれど、家から近いのと、とにかく早く通わせてしまいたかったので即決断。(昼間2人の面倒は正直しんどい!)
校長先生にぜひお世話になりたいと伝えると、話はトントンと進み、スクールの規則、1日の流れなど説明を受け、次に月謝の話に。
この月謝代、聞いて驚くなかれ!

$945!Σ( ̄ロ ̄lll)

1ヶ月の月謝がですよ! 
普通に8:30~3:30まで平日5日通ってこの金額とは、日本だったら3人くらい通えちゃうじゃないの?来年になったら下の子も入れたいな~なんて漠然と思ってたけど、無理無理…。
家計が破綻してしまうわ!
なんでこんなに高いんでしょうね?
他のスクールに通うお友達は$800、高いところだと$1500というスクールもあるらしい!
娘が決めたスクールはモンテッソーリ教育で、このモンテッソーリ系ではまだ安い方だとか…。
この教育費には驚きです。
でもこちらに住んでいる人に聞いたら、“保育料が安い=保育環境がよくない“と言われました。
だから高ければそれだけ施設も整い、教育理念や方針・カリキュラムなどがとてもしっかりしているようです。

とてもため息が出てしまう話だけど、この現状を拒否するわけにもいかないので、とにかく娘にはスクールで有意義に過ごしてもらいたいものです。
早速来週から通学です。
娘よりも私の方が緊張してきました。(^-^;

Woodchuck

プレーリードッグ1この間、子供が「ママ~見て見て!」と庭を指差して叫ぶので見ると、なんとも得体の知れぬ生き物がすぐ側に立っている!
「なんだこれは~!!」(*0*;)☆
巨大ねずみ???
2本足で立ってキョロキョロしてる!
よく分からないけど、とりあえず写真を撮りました。プレーリードッグのような、でも色がねずみっぽいし何だろう…?

いろいろ調べたところ、この辺の大きな公園によくWoodchuck(ウッドチャック)が現れるそうで、きっとそれだろうという事に落ち着きました。Woodchuckはプレーリードッグと同じリス科で穴を掘って生活する動物だそうです。
さらに調べると、Groundhog(グランドホッグ)とも言うそうで、アメリカでは2月2日に春の訪れを占うGroundhog Day というのがあるそうです。
2月2日に冬眠していたGroundhogが巣穴から出てきて、晴れていて自分の影を見たらさらに6週間冬眠に戻り、曇っていて影を見なかったら春は近いという事らしいです。
TV放映もされる程みんな注目するらしいので、私も2月2日は忘れずにチェックしようと思います。

ウッドチャック2  
   そういえば、娘のプリスクールを探して
   いたら「Woodchuck」と名のついた
   学校がありました。実物を見ただけに
   通わせて見たくなりました。(^▽^;)
   どうもグランドホッグというよりも
   ウッドチャックの方が響きが可愛い感じ
   がして…。


見た目はどうしてもねずみっぽく見えてしまうのはまだ見慣れないせい?
昔、確か“山ねずみロッキーチャック”というアニメがあったけど(歳がバレバレ?)、ひょっとしてウッドチャックがモデルだったりして?そうだったらねずみっぽく見えるのもうなずけるわ。

Happy Halloween!

とうとうハロウィンの日がやって来ました。
子供たちはこの日をどれだけ楽しみにしていたことでしょう。
学校では好きな衣装を着て仮装パレードをやったりするので、親も出かけて見に行ったりみなさん忙しくしてます。
我が家はまだ現地のスクールに通っていないので昼間のイベントがないのがちょっと淋しかったのですが、先日、日本人学校のパレードに参加したのでよしとしよう。

そして、夕方から行ってきました!あの恒例の行事に!
子供たちの着替えを済ませ、お菓子の入れ物、かぼちゃのバケツを持って準備万端。
ハロウィン(バケツ)

近所のお友達(近所といっても歩いたら20分はかかる)の家に集合して、まだ明るい5時ごろからスタート!
玄関先にカボチャを置いてデコレーションしている家をめがけて子供たちは我先に行ってピンポン♪
家の人が出てきたら子供達は「「Trick or treat」(お菓子くれなきゃイタズラしちゃうよ!)と言うと、家の人は「「Happy Halloween!」と言ってお菓子をみんなに配ってくれます。
1個ずつのところもあれば一掴みくれる人もいて、子供達のバケツや袋に入れてくれます。
子供達はちゃんと「Thank you」と挨拶してまた次の家へと回ります。
行ったら英語でいろいろ話しかけられちゃうのかなと余計な事を考えてたのですが、お菓子もらったらハイ終わり!とあっさり。心配するだけ無駄でした。
娘には朝から決まり文句「Trick or treat」を練習させておいたので、自信満々に大声で叫びます。もうすぐ4歳とはいえ、まだ周りの子供達より小さいので一番ビリでもらいに行くのですが、その一生懸命もらいにちょこちょこ走る白雪姫の姿がなんとも可愛くて。(親ばかです)
私は写真を撮りまくるのでした。(^▽^;)
お菓子を配る方も小さい子にはサービスしてみんなより1つ多く与えたりして、娘は嬉しそうに次を目指します。
「Trick or treat」がまるで魔法の言葉かのように、言えばお菓子がもらえるのですから子供は楽しくて仕方がありませんね。

途中、芝生の上にこんな怖い電飾も…。ちょっと見難いのですが、ゴリラ?が埋まってる?
ハロウィン(装飾1)


不在の家の玄関前には山盛りのお菓子がおいてあり、ご自由にどうぞって感じでしたが、最近は毒物混入などの事件もあることから手作り禁止だったり、外に置かれているお菓子も一応安全性を考えて取らないようにしました。
40分程で一体何件回ったのか、まだまだ家がたくさんあるのですが辺りも真っ暗になってきたので終了。子供達は名残惜しそうでしたが、バケツの中はかなりの量のお菓子。
これにはみんな満足そうです。

ハロウィン(お菓子)家に帰って早速お菓子が食べたいという娘。必ず親がおやつを確認してから与えましょうと聞いていたので早速チェック。袋の破れや包装されてないものはダメ。そして食べて欲しくない物も取り除きました。それでもこんなにお菓子が…。
やっぱり毒々しいお菓子もたくさんあるわ~。しかも全部甘いおやつ。一体何日かけて食べるのだろう。



アメリカでまさかハロウィンを経験するとは思ってもみなかったので、とても貴重な思い出となりました。配る人も魔女の帽子を被ったり、オレンジの洋服で出迎えてくれたり、会社でも仮装して出勤してくる人もいる程、アメリカでは大人も子供もハロウィンを楽しんでいるのがよく分かります。

ハロウィン(玄関)
 今日回ったエリアでは5~6
 割くらいの家でお菓子を用意
 してくれていました。
 気になる我が家への来訪者は
 というと、留守にしていたの
 で正直分かりません。
 一応お菓子を買って用意はし
 ていたので残念でした。
 来年は子供達にも配ってみた
 いものです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。