M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2006年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年10月
ARCHIVE ≫ 2006年10月
      

≪ 前月 |  2006年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

パンプキンマドレーヌ

ハロウィンにちなんで、かぼちゃのマドレーヌを作りました。
 マドレーヌ(かぼちゃ)
小麦粉        80g
無塩バター    100g
グラニュー糖    90g
B.P      小1/2強
かぼちゃのペースト 40g
(冷凍かぼちゃを裏ごしした物)

一般的なマドレーヌの作り方を参考に、カボチャのペーストを小麦粉を入れた後に加えました。
ペーストの配分に迷ったのですが、
40gでしっかりかぼちゃの味がしてちょうどよかったです。
B・Pはもう少し多めにしてもよかった気もしますが、再度このへんは調整してみなくては。
かぼちゃの甘さによってはグラニュー糖を好みで減らしてもいいですね。

もしアメリカ人がこれを作ったら、さらにカラフルで甘いトッピングをデコレーションするのかも。

スポンサーサイト

紅葉

そろそろ紅葉が終わりに近づいています。
こちらの秋は短いと聞いていたのですが、この辺は自然が多く紅葉した木々をいつも身近に見ることができたのでとても満喫できました。
メープルの木がとても多く、赤・オレンジ・黄色に色づいた姿はとてもきれいです。
もうだいぶ枯葉も落ち始め、道路脇には落ち葉が山のように積まれていますが、それを見ると焼き芋をしてみたくなるのは私だけでしょうか?(^▽^;)
風景(街1)紅葉


風景(街ーどんぐり)町の中心の並木道にはどんぐりが至る所に転がっていて、リスが普通に見られるのも納得です。

もうすぐ寒~い冬。
ここはダウンジャケットがないとやっていけないくらい寒いらしいです。
確かにこの所、朝晩は吐く息が白く冷え冷えしてます。
そろそろ防寒具買って備えておこうかな…。

ハロウィン間近

かぼちゃ1
10月といえばアメリカでは大きなイベント「Halloween」があります。
スーパーでは大きなかぼちゃやハロウィン用お菓子、ケーキなどが並び、仮装専門店なども賑っています。
(ペイントして売っているかぼちゃ。あまり怖くないです。→)
家庭の玄関前にはくり抜いたかぼちゃが飾られ、蜘蛛の巣やお化けを何体も飾って雰囲気を出したり、電飾で素敵に装飾している家もあったり、見て回るのもとても楽しいです。

我が家にとって始めてのハロウィン。
とりあえず、うちにも大きなかぼちゃを買いました。これがたったの¢33と安い!
本当ならかぼちゃを繰り抜いてお化けかぼちゃ(Jack-o'-Lantern)を作るのでしょうが、自分たちだけでは失敗しそうなので、そのまま玄関に置きました。
かぼちゃを置いただけなのにとってもハロウィン気分♪
子供たちはきっと31日が来るのを首を長くして待っているんでしょうね。
うちの子も幼稚園でハロウィンパレードがあるので、仮装専門店で衣装を購入しました。
それはもういろいろなキャラクターの物が売られています。
本当はお化けに変装するんでしょうが、ディズニー・テレビ・映画のキャラクターやわけの分からない着ぐるみ、チアガールやダンサーなど何でもありです。だいたい小さな女の子はプリンセス系に走るようで、娘も白雪姫を選びました。といってももう時期が遅かったのでそれぐらいしかサイズがなかったんですが…。
娘はハロウィンはお姫様になれる日と思ってるようで、パレードを今から楽しみにしてます。(^▽^;)
31日当日は子供を連れて近所の方々(日本人)と一緒にお菓子をもらいに回る予定。
初めてのイベントにドキドキワクワクしてます。

ハロウィン(ケーキ)
  ケーキもハロウィン一色。
  とてもカラフルです。
  一体どんな味がするのやら。
  真ん中のケーキには蜘蛛が
  デコレーションされてます。
  (*0*;)☆ウキャー!!






たい焼き

今日はこちらに来て初めて?のお菓子作り。
昨日のアメリカンケーキじゃ満たされない!って訳じゃないけど、少し時間に余裕が出来たので今日は手始めに鯛焼き作り。
日本からちゃんとあんこも持ってきました。(本当はあんパンだったんだけど。)
日本で作っていた時はガスコンロ用の焼きの型を使ってましたが火加減が難しかったので、アメリカにはホットサンド・ワッフル・鯛焼き・ピッツェルができるマルチなメーカーを買って持って来ました。(実はこういう手作り器具に弱い私。(^▽^;))
付属のレシピを元に作りました。
鯛焼き

あんこを頭から尻尾までしっかり挟んで待つこと4分で出来上がり!
ミニの鯛焼きの何ともカワイイこと。子供にはぴったりの大きさです。
出来たてははみ出た皮がパリっとして、生地もふわっとおいしく頂きました♪

ところでアメリカ人ってあんこは平気なのでしょうか?
今度お呼ばれしてるので手土産にしてみようかな~?
ちょっと反応が楽しみだったりするけど、念の為、あんことクリーム2種類あった方が無難かな…。

Chocolate Cake

ず~っと気になっていたアメリカのケーキをとうとう買う日がやって来ました。
先週、私は3○歳の誕生日を迎え、まだちゃんと祝ってもらってなかったので今日はケーキを買って改めてお祝いをしてもらう事に。
この辺は日本の様にケーキ屋さんが店を構えてるわけではなく、スーパーの中に専門職の人がいて作っている形が多いので、今回はよく行くスーパーで購入しました。
買い物する度に気になっていたこのケーキエリア。
初めて目にしたときは呆気にとられました。大きさといい、カラフルな色使いといい、さすがアメリカ!見ただけでもお腹いっぱいになりそうです。
スーパー(ケーキ2) スーパー(ケーキ1)


ケーキ1そんなケーキの中から選んだのは、チョコレートケーキ。
アメリカって言うとやっぱりチョコレートっていうイメージが強いので、ぜひとも食べてみたかった。
そしてお味はというと…
生クリームかと思いきや、バタークリームでデコレーションされていて(どうりで倒れても型崩れしないわけだ)、スポンジはボソボソ、間にチョコバタークリームが2層に塗られていて、まさにアメリカンケイクって感じです。意外なことにすごく甘ったるいという感じではなかったけど、バタークリームなだけにカロリーがすごそうです。
私は1切れ全部食べられませんでした。アメリカ人はこいういうのをペロリと食べてしまうのかな?
これでお値段$7.99は大きさから見たら安いかも。
まずは念願のケーキを体験できて満足しました。
でも来月の子供の誕生ケーキは作ってあげよう。

車のディーラー

そろそろ真剣に車を買わなければならないので、今日はディーラーへ行って車を見てきました。
四駆系がいいと決めていたので、車を2つに絞りディーラーへ。
まずはヨーロッパ車。
パパが前から乗りたがっている車のひとつで、ヨーロッパ車らしく品があって乗り心地もいいです。こちらで初めて試乗というものを体験しましたが、かなりの長い距離を試乗させてくれたので良し悪しが分かって良かったです。
パパ一押しの車、いいんだけど私にはちょっと面白みがないかな~と思いました。

続いてアメリカ車へ…。
こちらはアメリカらしくバカでかい車がいっぱいあります。
いいな~と思った四駆。パパに試乗してみようよといったらなんか消極的。
どうもヨーロッパ車の方が良くなってしまったようです。
私はアメ車にも興味があったので、試乗だけでもしてみようよと誘いあまり時間もなかったのでちょっと回るだけのつもりで、「5分だけ」と担当者に話して乗せてもらいました。
が、ここからが長かった…。
30分近く試乗させられ、その後いろいろローンや車の説明をされて、こちらが渋っていると、「この車はすばらしい!なんで買わないんだ?」とまで言われる始末。
もう時間がないっていうのに、1時間半粘られ、とうとう値引き作戦に出てきた。
初めはちょっとの値引きだったのにだんだん大胆になってきて、$5000の値引き!すごすぎる!
そこまでして売りたいか~と思ったけど、この値引きは私たちにはちょっと魅力だったりして、パパも気持ちが揺れ動きそう…。
でもここで決めるのはいくらなんでも早すぎるので、パパは私が英語が話せないのをいいことに、私が財布を握っているから彼女に相談しないと決められないんだなどと言う。
すると担当者の目が私に向けられ、「気に入らないの?」と言わんばかりに顔をしかめるし、私もどうしていいやら…。
最後には店長まで登場!
これはまずいな~と思ってたら意外にもあっさり「1週間おさえておくから考えてくれ」との事。
ようやく解放~。
辺りは真っ暗だし、もう勘弁してよ~って感じです。
意地でも売りたいというあの粘りはホントすごいです。

鹿と遭遇

買い物帰り、日も沈んで薄暗い道を車で走っていたら、黒い物体が突然車の前に!
急ブレーキをかけよく見ると、鹿でした。
最初は犬かと思ったので(でも、こちらでは野良犬はみかけませんが)、本当に驚きました。
鹿マークの標識がずっと出ていたので、本当に出没するんだ~と納得しました。
でももっとスピードが出てて後続車がいたら追突されてたか、そのまま鹿を轢いていたかも…と思うとちょっとぞっとします。

それから数日後、今度は交通量の多い道を走っていると鹿の轢かれた後が…。無残です。
どうも夜間に現れる事が多く、鹿が轢かれるのはよくあることで、その他の動物もひかれているのを何度も目撃しました。
動物が身近にいるというのはいい反面、こういう無残な光景も目の当たりにしなければならずとても可愛そうに思います。一方で、こちらは車のスピードが速く、鹿をはねると車も破損するし、命にかかわる事もあるので本当に気をつけなければならないようです。
ちょうど車を検討中の我が家では、鹿を撥ねそうになった時にすぐに大型車を買おうと意見が一致したのは言うまでもありません。

ファミレス

今日は買い物ついでに外食をしました。
いつも外食というと和食かアジアン系が多いので、今日は一度は行ってみたかったファミレスへ。
ここなら子供が多少騒いでも大丈夫そうだし。

案内されてメニューを開くと、肉系魚系グリル・ステーキ・デザートなどがあり、私はチキンにライスとマッシュポテト・トマトのセット。パパは魚のグリルにライス・青野菜のセット。
そしてわが娘はというと、キッズメニューのsnackを指差し、「これこれ~」
これってお菓子だからダメだよといっても言う事聞かず、仕方なしに頼みました。
で、運ばれてきたのが これ!
スナック1

私とパパは固まってしまった。
すごい山盛りの上、この色ったらなんとも毒々しい。
なんか体に悪そう…。(+。+)
でも子供はお魚の形に心を奪われ、ポリポリ食べる。
親も味見せねばと口に入れると、これがちょっと美味しいかったりして。
“おっとっと”に似た味で、ビールのつまみにもいけそう。
子供よりも大人がやたらつまんでしまいました。(^▽^;)

大人の食事はというと、見た目は食欲をそそるとはいえず、メインの肉魚はまぁ無難な味だったものの、野菜系は変に色あせて茹で過ぎだったり口に合いませんでした。
予想通りの食事に変に納得したりして。

みなさんどんなもの食べるのかな~とウォッチングすると、隣の席にいたカップルは女の子がグリルのセット、男の子がホットケーキを注文。そしてお互いのお皿を度々交換しながら食べている。
ごはんにホットケーキってちょっと日本人には理解できないわ…。
3段のホットケーキは迫力があって美味しそうだったけど、ぜひデザートとして食べてみたいものです。でもしばらくファミレスはいいかな…。

日本からのお土産①

パパが日本から帰ってきました。
6日間は長かったような、短かったような、
まぁ今回もみんな元気に留守番できたのでよかったです。
それはさておき、肝心のお土産はというと…。
頼んでおいた粉ミルク・ベビー用お風呂・シャンプー・激落ちくん・雑誌・ふえるわかめちゃん・つまみ系お菓子・子供用お菓子などなど。
もちろん歌舞伎揚げも2パックありました。(しかも大入り!)
パパも買ってくるのにとても苦労したようで、宿泊が銀座だったため、粉ミルクなんて東京ど真ん中には売っておらず、わざわざ錦糸町の赤ちゃん本舗まで買いにいってくれたり、遅くまで開いているスーパーまで足を伸ばしてくれました。
忙しかっただろうに、パパに感謝です!

賞味期限

たまご買物をしていてちょっと驚いたのが食品の賞味期限。
日本の感覚より長めで、この間買った卵の期限は1ヶ月以上も先。大丈夫かな~とちょっと不安になるけど、こちらでは生で食べる習慣がないから賞味期限も長いのかな~と勝手に結論づけてしまった。でもたまに半熟の親子丼やオムレツを作りたくなるのよね~。
生も半生も怖くて食べられないのが残念。
何も考えずに日本から温泉卵器を持ってきたのは無意味だった…。(^▽^;)
お肉も期限が長く、1週間先まで大丈夫のものなど、日本の2.3日という感覚でいるととても長い気がします。これも不安なので買ったらなるべく早く使い切るようにしています。
逆にお魚はその日だったり2.3日くらいまでで日本と同じくらいでした。

先日、お肉を買った時の事。
肉は期限が長いと決め付けていたので表示も見ずに買ったら、期限が前の日の日付になってることに気づきました。やられた~!
日本だったら1日くらい過ぎても食べちゃうこともあるけど(私だけ?)、これは製造日も書いていないしさすがに食べる気になれず、諦めました。
それ以来賞味期限は必ず見るようにしていますが、困ったことに賞味期限が書いていない商品もあります。
特に輸入食材などに多い気が…。こんにゃくやうどん、豆腐は書いてあったりなかったり。
納豆は「買ったら冷蔵庫で保管し、○日以内に食べる」と書いてあったけど、製造日が書いてなくいい加減すぎるよ~とぼやきまくり。
ギョーザの皮も期限がわからず冷蔵庫の隅に入れたまま。
って書いてあるし、きっと食べないだろうな~。

こちらはどうも製造日の表示が義務付けられてないようで、賞味期限もこんな感じなので、毎回恐る恐る買ってます。
家族みんな元気なので今のところ大丈夫ですが…。

ごぼてんぷら
  この「ごぼてんぷら」(さつま揚げです)も
  賞味期限がないけれど、美味しさに負けて
  買ってしまいます。(^▽^;)




    

リスさん出現!

りす1今朝はとても小鳥のさえずりがいつも以上に聞こえるので、庭を窓越しに見渡していたら芝生の上をちょろちょろっと何か動くものが!
よ~く目を凝らして見てみると“りす”じゃありませんか!
「え~っ、うっそ~っ!!」まさか家の庭でリスが走り回ってるなんて想像もしていなかったので、驚きと感動でしばらく見入ってしまいました。子供を叩き起こしてリスを見せると大興奮!
ふたりで朝からはしゃいでしまいました。

パパの会社では鹿がよく現れるという話や学校・大学の周りにも普通にリスがいっぱいいるので、こちらでは身近に動物がいるのが当たり前なんだろうと思います。きっとリス如きで興奮している私たち親子を現地の人が見たら笑われてしまうのかな?
ここはどこへ行っても緑が多く、こんな住宅地でも自然がたくさん残されているので動物たちも安心して過ごせるのでしょう。
アメリカに来た時に緑の芝生がきれいに管理されているのが印象的でしたが、この緑があるだけでとても気持ちが癒されます。
そういえばこの辺はどこを走っても鹿マークの標識が見られるので、そのうちばったり鹿に遭遇する日もあるのかな?なんか北海道の大自然にいるような気分です。
またりすさん、庭に現れるといいな♪

アメリカ的お買い物

アメリカのスーパーはさすがに広い!
ホームセンターにあるようなカートの大きさにもびっくりしたけど、あの広い売り場にはよりアメリカらしさを感じます。
大きなカートが通れるよう通路は広め、果物・野菜・ジャガイモやたまねぎが種類別にドーンと置いてあったり、商品の種類も多いけれど同じ商品がずら~っと並べられていたりします。何もこんなにスペースをとらなくてもいいのにと思ったりもするけど、ある意味とても見栄えがいい気もします。
緑の野菜もきれいに陳列されていています。
スーパー(野菜1) スーパー(野菜2)
袋詰め野菜やカット野菜が非常に多く、サラダ用の物(レタスやハーブミックス等)やブロッコリー・人参などもカットしてあるものも売られていました。

スーパー(うどん)
さて今日の買出しは6日分。
またもやパパが出張で留守にするので、ここで買い損ねたら私たちは飢え死にしてしまうので気合を入れて買い物です。とにかくスーパーは広いので回るのが大変。それに加えて物珍しい商品に見入ったり、日本食材を発見して喜んだり、不明な単語には電子辞書を引っ張り出したりで毎回かなりの時間がかかります。スーパー(豆腐)
それでも未だにまだスーパーを隅々まで見ていないので全部たどったらどれだけの時間を費やすのやら・・・。
(豆腐とうどん発見!→)
それに一番大変なのが子供たち。まだ下の子は歩かないのでいいのですが、上の子はちょろちょろちょろちょろ・・・日本でもスーパーでいなくなることが多々あり、やはりこのアメリカに来ても同じで今日も一瞬いなくなった。ちょっと目を離すとあっという間に消えるからすごく神経を使うし、買い物は進まないしとても疲れます。
今はどこにいても怖い事件が起こっているし、真面目に気をつけないととは思っているのですが・・・。/(-_-)ヽ

スーパーでは普通のカゴもあるけど、大抵の人はカートに商品を入れて会計時に自分でレジに商品をベルトコンベア式の台に乗せます。(もしくはセルフで会計する所もあります。)そしてレジ係の人が会計を通した商品を今度は自分たちがその場で袋に詰めていきます。他に係りの人が袋詰めをしてくれる所もあれば、セルフでやる所もあります。
会計しながらの袋詰め作業なので、日本のように別に袋詰めをする作業台はおいてありません。(私が今までいったスーパーではですが。)

我が家もこれぞアメリカよ!って言わんばかりの商品の山をお会計。
これをいちいちカートから出すのが面倒だったりするのだけど、それはパパに任せて私は袋詰め。
この袋詰めですが、日本だとカゴいっぱい買って買い物袋が2枚くらいつくけど、こちらはそうじゃない。アメリカで初めてスーパーに行きお店の人が袋詰めをしてくれた時、袋に数点入れてまた新しい袋に半分くらい詰める…っといった感じで、私から見たらまだまだ袋に入るのにどうして?って思っちゃう。1回の買い物で5~10枚溜まっちゃうほど。もったいないといつも思います。店によっては強度の弱そうな薄手の袋を使ってるのでいっぱい詰めたら破けそうな心配もありますが、それにしてももう少し入れてくれてもいいのになぁ~。

ちょっと話がそれましたが・・・
今日のお買い物はかれこれ1時間半はかかったでしょうか。
毎度の事ながら自宅に帰るとどっと疲れます。
でも買い物はまだ物珍しいせいかいろんな発見があり、知らない単語を覚えるいい機会なのでとても楽しいです。

明日からパパ不在の緊張の6日間。
無事過ごせますように・・・。

引越し

10月に入って早々、新しい住まいに引越しました。
ネットもようやく繋がりブログの方も再スタートです。

我が新居の周りは緑が多く、ちょっと車で走るととうもろこし畑や外灯のない道路もあったりという田舎かと思えば、すぐ大きなモールにも行けたりしてとても不思議なところです。近くに電車も走るけれど、日本の電車のような「ガタンゴトン」といった耳障りな音ではなく、「シューーーッ!」という感じの音であっという間に通り過ぎるので特別気になりません。家のすぐ側には公園もあり普段はとても静かなところです。
庭
特にこのリビングからの緑が心地よく気に入りました。
(以前話した黒いキッチン以外はですが・・・。)
これからこの家で生活していくんだと思うとなんか気が引き締まる思いです。

引越し当日は雨・・・。
我が家は土禁にするので業者の人が靴で上がりこんでしまったら大変だ~(しかも雨でドロドロの靴なんて!)と気をもんでました。以前聞いた話で、配達のアメリカ人に靴を脱いでくれるよう頼んだら「靴を脱いで運ぶ時に怪我したらどうする!」と強気に言われたなんて事も聞いたりしたのでちょっと心配でした。
そしてピンポ~ン♪
ドアを開けるとみなさん日本人!
あらま・・・ちょっと拍子抜けだったけど、
「もちろん土禁でやります。」と言ってくれ、さすが日本大手の引越し屋さんは違うわ~。
不安も一気に吹き飛びました。
作業もあっという間に済んで70個ほどの荷物が我が家に運び込まれました。
家具は一切持ってこなかったのでキッチン用品・本・洋服が殆ど。
収納が足りず書籍などはまだダンボールのままだけど、その他は何とか収まり2日で荷解き終了しました。
しかし、子供は2ヶ月ぶりに見るなつかしのおもちゃとの再会に喜んで次から次へと部屋中にばらまき、おもちゃだけはなかなか片付きませんが・・・。(⌒_⌒;
今のところ部屋の中はダイニングテーブルもなければソファもベッドもないのでとてもガラーンとして寂しいです。8ヶ月の子供と一緒になって地べたに座る生活。食事はダンボールのテーブルで質素に・・・(-。-;)(でも子供はなんだか楽しそう。)まぁこれもいい思い出だけどせめてダイニングテーブルだけでも早く欲しいものです。
これから家具を揃えたり、生活用品・電話・電化製品・車の購入・子供のスクール探し等やらなければならないことがいっぱい。週末は買い物・平日は子供2人に振り回され、私の英語のお勉強はいつになったら本格的に始められるのやら・・・。実はこれが一番の私の気がかりでもあります。(^^;)ゞ
青い鳥
 庭で青い鳥が私たち家族を迎えてくれました。
 (画像が小さくて見にくいけど・・・)
 なんかいい事がありそうな予感♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。