M’s Cafe ~アメリカ便り~

初めての海外暮らし。アメリカNJ(ニュージャージー)州での出来事を記していこうと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ お土産・小包便
CATEGORY ≫ お土産・小包便
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

日本からのお土産21

1月から約2か月ほど留守だったパパ。本日、やっと帰ってきました。
長かった…というより、5日後にはまた日本、その4日後に戻り、また日本…とまぁ行ったり来たりで、お留守番生活はまだまだ続きそう。

さすがに長い間、家を空けていた罪滅ぼしなのか、お土産どっさり買って来てくれました。
(殆んどお菓子

これほんの一部…↓ (ちゃんと白い恋人もある

kasi.jpg

日本のお菓子は本当に美味しいから、食べるのが楽しみ♪
毎日、コーヒーのお供に食べるつもりです。
(単純な私はこんなもので騙されしまう。)

あ、↓これも買って来てくれたけど、

kasi2.jpg

只今ポテチ禁止中の身に目の毒です。
ダイエットが順調なだけにね…。
スポンサーサイト

待ちに待ったホワイトデー

ホワイト1週末、日本から小包が届きました。
早速開けてみると、娘のボーイフレンドからバレンタインデーのお返しにと、リボンが付いた可愛い箱が。
娘はきゃーきゃー、大騒ぎで大変でした。
一人で盛り上がっちゃって、チョコ抱きしめてました。
お礼を兼ねてボーイフレンドとフェイスタイムをした時に、「ちゃんとホワイトデーに食べてね」と言われ、約束通り今日まで開けずに我慢していた娘。

今朝、待ちに待った箱の包みを開けてチョコを1つ、大事に大事にかじっていました。

ホワイト2

“美味しい~最高~”とチョコを絶賛した後、「もっと食べたいけど、なくなるのは嫌~」と言って、冷蔵庫に大事に閉まってました。一日1粒ずつ食べるんだって。

「このチョコは私の為に贈ってくれたものだから、絶対誰にもあげない!!」
なんていっちゃって、彼氏(といっていいのか?)と離れて1年以上経つのに、気持ちは全く変わらない一途な娘。
こんな恋する乙女をちょっと羨ましく思った朝でした。

chocolawka

母が送ってくれた小包の中にこんな可愛いチョコ菓子が♪

その名もchocolawka(ショコラーシカ)
娘と二人で可愛い~~~と大はしゃぎ。

ちょこ1

開けてみると、何ともまぁ可愛らしいチョコが詰まってます。
食べるのがもったいないくらい。

チョコ2

こんなチョコ、この辺にはまず売ってませんね~。
NYに行けば美味しいチョコもあるけど高いし…。
こんなに可愛いくて、安くて美味しいチョコが食べられるのは日本だけじゃないかしら?

こういうものを見ると、しみじみ日本に帰りたくなります…。

日本より小包便

私の誕生日に合わせたかのように?日本のお友達から立て続けに小包が届きました!

戴いてばかりで恐縮です…。
大好きな梅干しやふりかけ、乾物、文房具、ちゃっかりリクエストした折り紙や海苔、その他たくさんの日本の美味しいものが詰まっていて、家族で喜んでいます。
皆さん、本当にありがとうございました!

小包1

小包2

これからの季節にすごくありがたい一品です。↓ありがとう。(*^-^*)
小包3

スウェーデン土産

昨日、パピーがスウェーデン出張から帰って来ました。
『お土産に何がいい?』と珍しく聞いてくれたので、友達からおすすめスウェーデン土産を聞いていろいろリクエストしておきました。まぁリクエストしてもいつも没になるので全く期待していなかったんですが、今回は珍しくお土産を買ってきてくれました!

子供たちに馬の形をしたチョコレート
私にはサンドイッチボード(写真) パパにしてはセンス良い
家族用にキャビア(写真)

お土産スウェーデン

3つもお土産~嬉しいです♪
リクエストしたキャビアが入っていたのでさらに喜び大!
でも私が思っていたのは、あのチョウザメの黒~いキャビアだったんですけど、これはピンク色。聞くとスウェーデンではチョウザメだけじゃなく魚の卵をキャビアを呼ぶんだそうで、想像と違っていたけど、売っていた中でもかなり高級な値でお店の人にもこれがいいと勧められたというので(高いから?)、さぞ美味しかろうと期待が膨らみます。

早速、夕食に登場。クラッカーに乗せて食べてみました。

キャビア

ん?粒が小さくて何かとってもたらこっぽい。
上品なとろとろたらこ風~って感じで、塩分控えめ。
クラッカーよりご飯の方が合いそうと、娘がご飯にかけて食べ出し、真似して私もご飯にのせていただく…。
『あら、こっちの方が美味しい~。』
最後は、家族みんながご飯にぶっかけて戴きました。

どうやらこれは本当に“たらこ”らしいです。
あまりに馴染みがありすぎるものでしたが、長期間保存できるように塩分の濃度が7~10%と塩分がきついものが多いらしく、これは4%で塩漬けされているものなので、味がごまかされずそのもの近い味を楽しめるという点では、高級品として売られていたのも頷けます。

明日もぶっかけ丼でいただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。